ハイニューガンダム B-club プロペラントタンク

作品番号 J01

プロペラントタンク 製作記録

 

ここでもガレキの宿命「重荷重対策」をしました。 タンク自体は稼働&固定を両立できました。 しかし本体フル装備にしたとき自立するのでしょうか??

 

 


キットのディテールも悪くはないのですが、
改修したほうがキレイになるでしょう。
まずはノズルを削り落とし、ミゾを掘ります。

 


コトブキヤさんのパーツをすり合わせながら微調整。
左は塗装が終わった段階です。
シャキッとしました、改修して良かったです。

 


 


こちらがプロペラントタンクの重量をもろに受ける可動部パーツです。
ダメもとで3mmの軸を通して組んでみましたが、やっぱりダメでした。
支えきれず、タラリと落ちてしまいます。

 


「ターンエー」みたいな(笑)モールドを削り落として、
六角の穴をあけてナットを埋め込み。
反対側は皿ネジ用に穴をもんでおきます。

 


こんな感じ。
完成時、ネジは大きめの丸モールドでキャップします。

 


 


さっきの丸パーツとタンクの接続。
2mmの軸を通しましたが、ちょっと不安なので・・・


軸にローレット加工しました。これ効きますよ〜!

 


 


かなりしっかり支えています。 完成後には全く見えなくなってしまう工作ですが、 たとえばこれがEZフィニッシュだとしても、 決して手を抜けない部分ですね。


 


今回完全新規に作ったデカールも無事貼り終えました。

 


バックパック、センタースタビライザ、プロペラントタンク。 分解組み立てが出来て、可動して、強度も備える。 なかなか大変なユニットでした。

塗装&デカール&トップコートが終わるまで イメージの掴みにくかったタンク部分ですが、 イメージ通りできてすごく嬉しかったです。

 

プロペラントタンク、完成♪

最後まで観て頂いてありがとうございました。 みなさんの感想やリクエストが僕の製作の励みになっています。 よろしかったら気軽にメールなどくださいませ。

みなさまに、楽しい模型ライフを!