ハイニューガンダム B-club 腰部

作品番号 J01

 

股間ノズル

股間の方形ノズルもヨレヨレなので切り落とし。

整面しやすくなりました。くの字型の平面の接合線は一段差を付けています。こういう鈍角な接合線はとにかくクッキリハッキリさせたほうが良いですね。

 

コトブキヤさんのプラパーツを合わせている所です。

 

丸いモールドは、すべて「PP」の面取パイプ等に置き換えていきます。    

 

 

 

サイドアーマー

このサイドアーマーの取り付け方法が、キットのままだと自由度が低く、美しい角度に可動できませんでした。その改修です。

 

まずはキットのパーツを組んでいる風景です。

このような軸可動になってますが、、、

まず、ゆるいです。キャスト同士の摩擦に頼った可動なので、当然ゆるいです。

 

しっかりはめ込むと、この棒状のピンが短くなりすぎです。

 

ガッ!と切り落として、

ダボ穴を設けて、

ウェーブさんのポリジョイントを埋め込みます。シャフトピンで仮組。

こちらはアーマー側です。まず、プラパーツとポリパーツの中心に軸を通してしまいます。

さらに、ボールジョイントを挿入して、それもまた貫通。

貫通穴を両サイドからマイナスリベットで軸打ち。これで非常に強固かつ可動するジョイントになりました。

アーマーをフル装備にして取り付けて、保持力のチェックです。

さっきの腰ジョイントと合体。あ、これはジョイントがちょっと長すぎる状態ですね。

ジョイント長を調整して再装着。

ノーマルよりもずいぶん外側に位置変更されましたけど、これくらいで丁度良いです。

かなりフレキシブルに可動します。

 

アーマー側への装着。接着だけでは強度不足なので、

マイナスリベットをねじ込みしてキッチリ固定。ついでにディテールにもなって便利だ。

ここはほとんど見えないし、足したり引いたりするスペースもないので、機能優先でこのまま。

表側は面取パイプCステン2mmやボール1mm、オリジナルデカールなどなど。

プラ製の方形ノズルも取り付けて完成間近。            

 

フロントアーマー

あまいディテール等を修正。

中略して、ほぼ完成。            

 

 

リアアーマー

もう、ひたすら整面、ディテール改修等いつもの工作で、完成。

 

   

 

 

腰部、全容

というわけで、腰部分は完成しました。    

 

最後まで観て頂いてありがとうございました。 みなさんの感想やリクエストが僕の製作の励みになっています。 よろしかったら気軽にメールなどくださいませ。

みなさまに、楽しい模型ライフを!