ハイニューガンダム 改造制作

作品番号 K21

 

仮組をした感じでは、とても良くできたキットなので 今回の製作は基本通りに組んでいきます。いつも通り関節の調整、ディテールの再製、などなどを行う予定です。

 

なにか夢中になっていたようで、頭部の制作中の写真がありませんでした。地道な面出し、スジ彫り強化、などなど。バルカンはアポジ2mmがピッタリでした。

アンテナ先端シャープ化しようと想ったら、ポロッと折れてしまった・・・気泡が入っていたのが原因でした。大きい気泡で修正はムリなので、プラ板で作り直しました。

 

 

まず接合面を平らにします。

右がキットのまま。スキマが大きい。左が接合面調整したもの。ピッタリに調整。

そしたら、タッピングビスでしっかり固定。僕はガレキには出来るだけ接着剤を使わないようにしてます。乾燥によって誤差が出たり、塗装後に剥がれたりするのが恐いのです。ネジなどを使った機械的結合の方が強固に組めるし、バラすこともできるので便利です。面倒だけど、メリット多し。

場所や深さ(厚み)によって、ネジを使い分けましょう。これで前腕の基礎が出来上がりです。

さて、これから表面処理になります。まずはこの微妙なディテールは作り直した方が早くてキレイなので、、、

削り落としました。同時にスジ彫りや平面出しなどを行っていきます。

手首先端の形状を、シャッキリした形状に変更しました。

写真だとあまり差が判らないかな??ノーマルよりはグッと良くなってます。でもほとんど隠れてしまう部分なのだけど^^;

丸モールドには「丸ビット」。シツコイくらい大活躍。必需品。

ヒジ関節の一段内側のモールドは相当甘かったので、かなり切り込んで整えました。

ひたすら整面です。バランスを観ながらやるので、チビチビと時間がかかりました。

肘関節の強度アップのために、もう少し直角な面が欲しかったので、一度分解して、赤く染めた部分を切り取ります。

これで軸通し用の面を確保。

手首内側の面取りも、斜めな感じだったので平面2面に変更。左がノーマル、右が加工後です。

だいたい終わってきました。時間かかったなぁ。

前腕内側のカバーです。パーティングラインを消して、パネルラインを深く彫り込んでブロックの様にします。

 

ちょっと変形してたので、お湯で煮て修正しました。ピッタリはまるようになりました。

ここから右腕前腕の工作です。まずはキッチリ位置決めしてから、ネジで固定。

少しスキマがあったので接合面を調整します。

ビタッと接合。

そしたら真鍮線で位置を確定させます。

 

同じく右前腕の出っ張りパーツ。位置決めをしっかり取って、、、

ネジと2mmプラ棒で強固に固定。

パーツの制約があるので、軸打ちする場所も慎重に正確に強固に、考えなければなりません。

整合面の整面。軸穴を丸ビットで整える。

気泡があったので、大きく切り抜いてパテで埋めます。

だいたい完成。こんなパーツひとつでも、単純に接着するのと機械的結合させるのとでは、時間もかかりますが後々の効果は大きく差が出ます。

左前腕、シールドマウントになる部分です。

・前腕基部(2パーツ)
・手首内側カバー
・シールドマウント・メインパーツ
・シールドマウント(差し替え)
・シールドなし用カバー(差し替え)

の6パーツ以上が複雑に絡み合います。しかもシールドは重いですから、強度も必要。稼働も必要。差し替えもあり。で、スゴイ状態です。

普段は皿ビズで固定するのですが、2パーツにまたがってる場合はテーパーで横方向にベクトルがかかってしまうのでNG。凹穴にしてトラス頭ビズで固定するようにしました。これで強度も差し替えも確保。とっても時間がかかりましたが、いい勉強になりました。

 

1パーツ構成だったシールドマウントを切り離しました。ディテールもあまり意味がわからないので、プラ板で作り直そうと想います。現在作業中。

2面構成なのですが、面が甘いし、ここはシールドの荷重をもろに受ける部分なので、

1面に直しました。

肩のパーツ、どうしようか検討中。

このモールドはどうにもならないので、

切り落とし。プラパーツで新造することにしました。あとはスジ彫り強化などなど。

パネルラインにもスジ彫りを追加しています。

方形ノズルの自作。

プラ板から地道に創ってます。

こんな感じになりました。

このあたりは基本工作をしっかりと。

内部フレームもすこしディテールアップ。アポジ2mmを埋め込みます。

 

甘いモールドを彫り直し。

MGキットは甘いので、切り落とし。

コトブキヤさんのパーツを使いました。

 

次にシールドマウントの製作です。

ジョイントは関節技に決定。マウント部のパーツをプラ棒から削りだし。

このようにピッタリはまります。

受け側は荒れているので、ヤスリで整形。

このようにマウントされます。

強度を保つためにタッピングネジで、

しっかり結合。

 

可動範囲が、うーん、あとちょっと欲しいと想いました。

このあたりは一気に創ったので写真がありません・・・撮ったような記憶があるんだけど・・・

1ブロックをまるまる作成しました。

これで可動範囲も拡大。満足です。

小さいディテールは最後の方で創ります。あまりにも多いので途中で紛失するのを防ぐため。静電気でこのようにくっついてしまいますからね、無くしやすいです。

 

 

サフを吹いてから全体的に面だしをします。

曖昧なパネルラインを、シャキッとした物に変更してしまいます。

ノーマル状態の写真が無いのですが・・・このあたりの小口の構成も、けっこう変更しました。

それほど悪くないスジ彫りですが、

やっぱり彫り直し。上面外よりのセンサー的なモールドも、このあと切り落としました。

だいたいノーマルの面構成。

整面後の面構成。整えたのではなく、細々としたところを変更してます。

脇腹のパーツのすり合わせをしている所です。もともとが薄いパーツなのであまり削りすぎないように慎重に。

腰の後ろ側です。MGキットのフレームパーツが少しずれてるようです。なのでGKパーツもすこし上下にずれてしまってますね。フレームを修正して段差を無くしました。

オナカのあたりです。ここも左右の段差を無くす調整をしました。

位置決めがある程度きまったら、軸打ちしてしっかり固定。それからさらに最終調整します。面が小さいので0.5mmの軸を多めに打ちました。

微妙に2面構成になってるのですが、

緩やかな一面の曲面にしました。

ノーマルと比較。あまり大差ないけど実物はよくなってる実感があります。

腰回りはだいたい完了。ほぼ全部の面を修正しました。

意外と・・・時間かかりました。

んー、あとちょっと、調整だなぁ。

全部にサフを吹いた後、メインの面を整面します。

スジ彫りや小口を整えています。

結局、サフが全部無くなるくらい、全部の面に手を入れてます。

パネル分割というよりは、ブロックの集合体のように立体的になるようにしました。

もう、ノーマルとは全然ちがくなってます。微妙だけど、確実に良くなってると想う。

甘かったモールド、形状自体をシャキッとしたものに修正しました。

見えない部分ですが、ネジを使ってしっかり固定します。

 

 

ノズルC、アンテナシャフトなどなど。

 

  

サイドアーマー。当初はノーマルを基本に面取していましたが、最終的にはほどんど新造のようになりました。

上面のブロックも成型するより新規に創った方がよさそう。

側面のモールド。問答無用で作り直し。

 

側面はけっこう複雑なうねり面なので丁寧に面出し。

パネルに凹モールドもへんだろう、と思いこの部分はパテで埋め。

末端もアレンジ

だいたい完成しました。

ゆるいモールドは開口してメタルパーツに変換します。

スジ彫り&パネルライン。ミゾの太さが半端にバラバラだとシャキッとしないので、太と細の2種類に統一。

パネルライン末端もちょっと変化させました。

フィン状モールドは深く、薄く削り直し。

この辺も彫り直し。

 

 

ノーマルジョイントだと腰アーマーを支えきれないので、ジョイント部を新造します。

シリコンで型を取って、レジンに置きかえました。新規に創ったのは穴無しバージョンです。

こんなふうに収まります。

強度の高い関節技を仕込みました。

ジョイント部も太くなって見た目もアップ。

いちばん複雑な足の仮組。スキマが見所のデザインなのでスキマ具合のバランスを観ながら調整していきます。

あまり意味のわからない上にダルいモールドは切り落とし。コトブキヤさんのプラパーツなどに替えていきます。

あまいディテールは作り直し。スジ彫りもシャキッと。

曲面と平面を使い分けます。昔はエッジを立てるのが当たり前、という固定観念がありましたが、カドとたたせたりRを取ったりした方がイイ感じになります。

いじっているうちに、各パーツの配置関係や意味がわかってきます。

だいたい理解できたところ。

 

股関節付近は強度と可動範囲をしっかり確保しなければなりませんね。

前後のパーツのツラを合わせました。

小口もシャキッと直線をだします。

フレームとの合いを確認。

フィッティングが悪かったので、プラ板でブランケットを付け足し。外装パーツが安定しました。

こちらはリア側のスペーサー調節。

位置決めがシックリ決まりました。

そしたら金属線でシッカリと位置決め。

中はちょっとキタナイですが・・・あまり削ってしまうと強度が落ちるので、できるだけいじらないようにしましょう。

最終仕上げをしていたら、クラックがみつかりました。多めに切り欠いて強度のあるパテで補修。

太ももはだいたいOKだな。

アウターパネルとフレームが干渉する部分があるので、削っておきます。

 

まったりとしたヒザのマルイチモールドは完全に削り落として、、、

丸皿モールドとコトブキヤ・プラパーツで新造。 

レジンパーツは重量があるので、できるだけガッチリくめりるようにネジ止めします。ネジなら分解も可能になります。

びっちり強固です。

あとは地道に面だし、スジ彫り、モールド改修をやっていきます。

 

カカトのカバーも見えない箇所にネジ止めにしました。

 

まず、どのキットでもたいていここから始まります。足首の関節の強度確保です。この関節は
・頑丈であること
・可動範囲の確保(接地性)
・ へたらないこと。

が絶対に必要になります。GKや重装備のキットになるほど、ここをしっかりやりましょう。

球体を大きくして精度と強度を確保。

さらに真鍮線を通して接続も強度アップ。

GKのパーツ幅にあわせて、3mmの補強穴をあけます。

1つはボールジョイント用。
1つは足下端との接続用。

3mmの太い骨を入れます。

足首前側のフレームを一部カット。可動範囲と取り付け部分の確保です。

キットの肉厚では薄いと判断して、2mmのプラ板で肉厚を確保。

3mmの骨と、1.0mmのステンレス線2本で仮固定。最終的にはタッピングネジを使ってガッチリ固定します。

 

この辺は見えない部分なので強度を優先。

 

 

丸ビットを使って、ノズルを肉薄にします。丸ビットは便利ですよ〜5秒くらいで完了です。

足裏モールドもイイ感じです。面を整えて、丸モールドを彫り直し。

固定用の穴ですが、こういう所も丸ビットを使って面取しておきましょう。最終的な仕上がりが良くなります。

いつもの事ですが、速い時点で左右のパーツの区別は付けておきましょう。

 

アポジ2mm、PPソケットB1、ボール0.8mmなどでディテールアップ。

軸打ち専用の変換シャフトを創りました。

 

 

塗装が終わりました。

自立するようになると、完成が見えてきますね〜

ずっしりと重いです。

ほぼ完成〜

 

 

バックパック-1 ファンネル部

本体とファンネルコンテナを繋ぐマウントパーツ。MGパーツとGKパーツの2パーツ構成です。軸を通してしっかり接着固定。ファンネルフル装備で仮組してみて、強度もOKでした。このあとプラプラパーツなどでディテールアップします。

いつも通り、基本作業。パーツを仮組、すりあわせして速い時点で左右の区別をきっちり付けておきます。左右対称のパーツでも、それはやっておいた方がよいです。

全体的に面出しエッジ出しをしながら形状を把握していきます。要らないスジ彫りを消したり、あるいは追加したり。まずは片方だけを加工して、元パーツと比較しながら行います。

写真では見えなくなってしまったのですが、フィン状の末端のラインを統一しました。もう一端も揃えてます。フィン自体も薄く深く成形しなおしました。左がノーマル、右が加工後。

右がノーマル、左が加工後。こういうモールドはドンドン切り落として、プラパーツに替えていきます。

上の写真の別アングル。面出しがきちっとできます。

右がノーマル。丸いアウトラインになってますが、観てのとおりひずんだ曲線になってるので、左のように角ラインに変更しました。

コトブキヤ・パーツとプラプラノズルを仮組。ノズルはもうちょっと小さい物の方がイイかな?

ファンネルコンテナの前方部分。面出しをしてブロックのスキマを深く彫り直しました。C面もちょっと変更。

上面のパーツ、面が出てない上にヤスリがけがしにくいので右のように切り落としました。プラ材で新造します。

ヨレてしまってどうにもならないスジ彫りは、いったんパテで埋めてからスジ彫りの彫り直し。

ほとんど見えない部分なのですが、段落ちモールドを制作中。

MGパーツの後端。カマボコ状のダクトのようなものがGKパーツのシャープさと相性がわるいので、切り落とし。

ここには別パーツを配置する予定です。

白い部分、キットは削り落としてプラ板から製作。

MGハイニューのファンネルと、 MGニューガンのファンネルを両方付け替えてバランスを見た結果、文句なしにMGニューガンのファンネルに決定しました。没になったMGハイニューのファンネルの写真を取り忘れたので、あとでアップします。MGハイニューは最近のキットにしては、正直、意味が良く分からないデザインなのですが・・・ナゾです。

このファンネルを揃えるために、MGニューガンのキットを2つ使ってます(笑)。せっかくですから少しでも良くしたいですよね。

MGニューガンのファンネルは、矢印の部分にスキマができてしまうので・・・

ここは瞬着などでしっかり合わせておきましょう。写真は判りやすいように多めに塗りましたが、ほんとに点付けで大丈夫です。

完全に乾燥するまではマスキングテープやクリップなどで固定しておきましょう。

いつもの自作デカールを貼りました。お気に入りです。

そうそう、ハイニューのファンネルは白青のグラデのデザインですが、どうしてあそこだけグラデなのか説得力がイマイチ解らないので、格好良く意味ありげに塗装する自信がありません・・・なのでいつものツートンカラーです。ニューとハイニューは白青が逆転してますが、今回は(今回も)ニューのカラーリングに準拠させました。

この辺はハイニューカラーで。コンテナとのマウント部分は、MGハイニューのアタッチメントが利用できるように改造しました。充分な組み付け強度も保ちながら、取り外し可能にしました。

MGハイニューのファンネルよりも長くてシャープです。あとで比較写真を載せますね。ハイニューファンネルはひよこの羽根みたいです、ニューファンネルはマントのよう。

MGニュー(左)とMGハイニュー(右)のファンネルの比較。まず大きさが違いますね。

中央ブロックのダクトの形状が大きくちがう。

デザインの好みで、MGニュー用ファンネルを採用しました。

 

 

 

バックパック-2 センターユニット部

円筒形の燃料タンクだと想います。

しばらく眺めました。どういう風に処理して仕上げるか・・・結果、

オミット!

ヤスリがけが面倒なので、円筒パーツを作り直した方が早くてキレイになると判断。

まずは平らにしました。これから円筒タンクが埋まるように、凹加工に入ります。

もう一つ、大きなメリット。

本体側との接続補強用に軸打ちをしたかったので、この角度でドリルが入れられるのは非常に効果ありです。

本体(上半身)との貫通穴を通しました。

プラモプラスで販売してる
●タップネジM2
でしっかり固定。

このネジ、小ぶりだけど強度があって僕はすごく重宝してるのですが、全然売れてません。ホームセンターにあるかもしれませんが、この頭の小さいネジはなかなか売ってないんですよね。僕もさんざん捜したあげく、知り合いのネジやさんに相談して探し出してもらいました。。接着じゃないので、仮組も何度でも組立分解できるし、完成後にポロポログラグラで困ってる人は、試しに使ってみてください。

センターユニットの角度の微調整に、プラ板でシムを作りました。

スジ彫りや表面処理をしてるうちに・・・

ここもカットしてしまいました。デザイン的にも別ユニットなので、カットしても違和感ないです。おかげでヤスリが当てやすくなり、それぞれの面出しが楽でキレイになりました。

燃料タンクはアクリル棒から削りだし。

しっくり収まりました。あとは細々としたディテールを加えれば工作は完成です。

ダクトも新規に作り直しました

旋盤から削りだしたタンク部。

 

ぴったり収まりました。

 

 

バックパック-3 プロペラントタンク部

これも、曲がっていたので・・・一皮むいてキッチリ主軸とテーパー部を作り直しました。

細い方の前半部分はテーパー無しのデザインなので、アクリル棒の直径を合わせてそのまま使用。このあとディテールアップすれば造形作業は完了です

強度も問題なし。

その後、面取を大きくなるように修正。

プロペラント後端は完全に新規作り直しになりました。

プラ板から創り出し。

 

コトブキヤさんのノズルがピッタリでした

ほぼ完成♪

 

 

ウェポン・ライフル改修

●GKパーツの整形●

まずはGKパーツのモールドを作り直します。この丸モールドは切り落とし。

このあと整面して、スジ彫り強化。

パネルの重ね合わせを表現するように彫り込みました。写真だと運河彫りですが、実際はもっと小さいパーツなので^^;

整面やパネルラインの処理がだいたい終わりました。

本体との接合も調整し、軸打ちして位置決めします。

レジンを先に進めてサイズを確定させて、ディテールになるパーツを選択します。

ここではいつものpコトブキヤ・プラパーツをつかいます。

●グリップ位置の変更●まずMGキットの1枚成形の白いパーツを2つに分割しました。本体も細かくパネル分けしてるデザインなのでもっと細かくしてもいいかも。

さて、ライフルの後端はGKのパーツでこのように延長になります。そうするといつもの問題が発生です。

青い部分が上腕の位置です。干渉してしまって、どうやってもライフルをうまく保持できませんね〜

なのでグリップ部分を後ろの方に移動することで解決させます。

グリップを切り取る。

エネルギーCAPも切り取る。小さすぎるし予備パックも無いですしね。どうにかしましょう。

下面が真っ平らになりました。

さてさて、これからが本番ですね。

まず手首との角度が合いませんので、グリップの角度を変えます。

プラ板を接着して充分乾燥。それから角度をつけて削り込みます。

持たせてみたら角度が付きすぎていたので、もう少し寝かせる角度に調整します。

後から修正するのは大変になるので・・・何度も何度も角度を調整しました。

ほんの少しでも自然・不自然が変わってきますね。

角度がきまったので、位置決め&補強用に軸を打ちました。

これで上腕との干渉もなくなり、自然に構えられるようになりました。

●銃口とその周辺の改修●

レジンキットなのですが、このまま使うことは無いです。整形も難しいし、デザインも・・・

本体の先端がムニュっと細くなるのが武器として不自然な感じがします(個人的な好みですが)

うーん、どうしましょう・・・

ストレートになるようにパテ盛りしました。さらにこのあと延長してます。

一段、段落ちさせます。

悩み中。

銃口は自分で作り直そうか・・・

ずっと使いたかったアドラーズネストさんのバレルにしました〜スゴイ精度です。

長さ調整のための基部にはプラプラのヘリカルパイプを組合せ。

この辺はGKパーツを整形しなおして、そのまま使います。

ここもGKパーツとコトブキヤ・プラパーツでシャキッと。

さて、小さいECAPマガジンですが・・・

プラパーツから自作しました。

途中、写真を撮るのを忘れて。。。

ほぼ完成状態に。

上面にタンクが2個あるので、それと揃うようなデザインにしました。

あとは細かい所を調整したり、ディテールをふやして、完了です♪

 

  

 

シールド  

 

 

 

 

 

完成まであと一歩!
3枚だけプレアップです。

 

 

 

 

最後まで観て頂いてありがとうございました。 みなさんの感想やリクエストが僕の製作の励みになっています。 よろしかったら気軽にメールなどくださいませ。

みなさまに、楽しい模型ライフを!