作品番号 L10

ディープストライカー プラン303E

コンフォーマルパックの製作風景

見たとおりに、たいへん重量のあるブロックを股関節の一点のみで保持するという、強度を確保するのに大変苦労する製作でした。

 

 

まずはすべての中心になる股間ブロックの製作です。

 

 

キットそのままではこの通りの精度なので、

各所をすり合わせして・・・

 

ピッタリ組み合わせました。

 

 

 


 

コンフォーマブルパックの基部になる

ブースターパックの製作です。

プラプラのタッピングネジを使用します。

 

小さいネジはネジC1を使用。

 

ここまでも相当の工作量なのですが、

あまりにも多すぎるので省略(笑)

 

 


 

プロペラントタンクの接続です。

 

プラプラのタッピングネジを使用します。

 

 

 

 

 

 

 

コンフォーマブルパックと股間ブロックを接続。

 

 

非常に重いです

 

問題の接続部分。

厳しいですね。強度が足りないことが分かり、

のちに大改修となります・・・

 


 

ウェポンアタッチメントの製作。

ここには後に重量級のブロックが接続されます。

なのでガッチリ強度を確保していきます。

もちろん接着剤は使わず、ネジだけで組み立てます。

 

しっかり仮組、位置決めをしていきます。

 

固定用の穴を開ける。

部品が小さいのであまり大きい軸が打てず、

穴位置は慎重に行いました。

 

 

さらに裏からタッピングネジで固定。

 

 

似たようなパーツが10個あるので、識別用の番号を書いておきます。

 

タッピングネジにてガッチリ固定。

 

 

色々なサイズのネジを使って固定していきます。

 

ビームランチャーのアームを取り付けてみました。

ここもかなりの重量がかかりますが、ビクともしない強度を

確保できました。

 

 

 


 

さて、少し戻って、コンフォーマブルパックの取り付け基部の改修です。

 

ネジのサイズや長さなどは、ノギスや定規を使ってしっかり採寸

していき、パーツに書き込んでいきます。

 

 

非常に限られたスペースに、しかも完成後には見えなくなるように

慎重にネジ打ち場所を決定していきます。

 

見える部分の精度と、見えなくなる部分の書き込みの対比が

面白いですね。

 

 

このキット、接着剤で組み立てるのは、不可能ではないかと。想いました(笑)

 

ネジ、ネジ、ネジ・・・

 

 

 

あれだけネジ打ちしても、完成後には見えなくなるように・・・

なかなか苦労しましたが、安心強度を確保。

 

 


トップへ

 

 

 

 

みなさまに、楽しい模型ライフを!