作品番号 L10

ディープストライカー プラン303E

 

主砲の製作風景

主砲は砲身だけでも3分割。長く、重く、発光ギミックもあり、しかも完全固定ではなく分割式にしてメンテナンス性を向上させるべく試行錯誤しました。製作者の苦労っぷりを堪能ください.

 


 

 

くみたてながらも、発光回路が正常に作動するか何度も確認します。

分解できるように極小ソケットをハンダ付けしています。

 

 

重い金属製砲身を、たったこれだけのジョイントで支えるのは

まったく不可能です。

 

中継ジョイントを製作してみましたが、レジンでは強度が足りず・・・

思った通りにはなりませんで、試行錯誤をくり返します。

 

アクリル棒で再制作。しかも長さも延長しました。

こんどは強度も問題ないようです。

 

 

 

 

差し込んでみました。

接着剤はつかっていません。

 

 

多少ゆすってもビクともしなくなりました。

まずは一安心。

 

 

さらにそのジョイント内に配線を通す作業です。

 

 

これで一段目のジョイントが、いったん完成。

でもまだ2段目ジョイントがありますから、それによっては変更の可能性も・・・

 


 

 

2段目のジョイントです。

 

 

間違いなく、改修が必要です。

 

 

1段目ジョイントでコツをつかんだので、

いくらかスムーズに製作が進みます。

アクリル棒とレジン棒の組合せです。

 

 

それぞれ、4つの内径&外径をピッタリにしないと

機能しません。サイズ合わせは慎重に行いました。

 

 

ちょっとキツイ程度に差し込んでいきます。

 

ここも配線を通すので、中空構造です。

 

 

 

 

 

2つのジョイントが繋がりました。

強度はバッチリ。分解も可能です。

 


 

 

しかし、まだまだやることがあります。

 

 

配線を仕組みながら、必要な箇所にソケットをハンダ付け。

 

かなり省略しますが、こんな感じで創っていきます。

 

 


 

 

主砲に並行するシャフト。

キットの物を真っ直ぐに修正するよりは、

アルミから削りだししたほうが速かったです。

 

 

シャフトを保持するパーツは長さが合わなかったので・・・

 

マーキングの位置で短くしました。

 

 

シャフトの尾の保持パーツ。これは特に問題なく、

調整を済ませてからネジで固定。

 


 

 

 

放熱フィンの改修製作です。

 

ほどんど一体成形。

このまま塗り分けでも、それほど悪くもないのですが

ずっと眺めながら考えた末・・・

 

ほどんどのパーツごとに分解しました。

 

 

フィンのスリットは全部彫り直し。

 

 

あらゆる接合は、ネジで固定していきます。

 

 

 

 

 

 

オレンジのモールドです。

別パーツ化したのでキレイに塗装できます。

 

 

 

 

PPアポジ、ステンレスボールなどで

ディテールアップ。

 


 

製作順番は前後しますが、ここから主砲砲身のマウント部の製作です。

 

複雑なデザインです、何度も何度も調整をしていくしかありません。

 

このような大きな穴を開けるときはリーマを使います。

 

 

説明書や設定画をみても、この辺りの構造は解りませんね〜

とにかく作ってみないと解らない。良い経験です。

 

 

塗装の厚さも積もり積もって誤差を生じさせます。

また調整につぐ調整です。

 

 

こちらは下側、マウントと繋がる部分なので、

強度重視で作っていきます。

 

こまかいディテールも、削ったり、つくりなおしたりしていますが、

今回は省略します。全部の写真を掲載するには、工作量が多すぎるので。

 

 

どこがどうなっているのか、解りませんが、それがこの機体の魅力でもあります。

 

 

スリットのモールドもプラ板で新規に作り直し。

 

 


 

主砲の付け根から、配線が別れる部分の製作です

といっても、言葉でも写真でも判りにくいと想いますが(笑)

悪戦苦闘してることが伝われば嬉しいです。

 

 

何が難儀かというと、メンテナンスや電池交換のために、固定にはできず

すべてを分解&組み立てが出来るように、

パズルのように組み立てなければならない、ということです。

 

 

 

 

 

ここでも取り外し可能なソケットプラグを使用。

 

配線の長さも、長すぎても短くてもダメ。

なかなか思い通りにならず、なんどもやり直しました。

 

 

 


 

主砲後端の、電池ボックスとスイッチの周辺の組立です。

 

 

 

接着固定なら簡単なのですが・・・

 

あちらを立てれば、こちらが立たず。

という感じで試行錯誤しましたが、最終的にはしっかり完成しました。

 

 

 

完成後に見えなくなる箇所には、大きいネジで強度を確保します。

 

 

 

苦労の伺える所です。

 

 

スイッチと電池ボックス。

 

接続コネクター。

 


 

ほぼ完成しました。

 

金属パーツもたくさんあり、かなりの重量です。

 

プラモプラスの極小ネジはあまり売れてませんが、

僕にとっては背着剤よりも必需品かも。

とくにガレキには便利ですよ〜

 

 

 

 

 

マウント接続部は、真鍮線とプラパイプの二重構造に。

少ないスペースに強度を確保するときの苦肉の策です。

 

 

 

メタルパーツは成型しなおしたり、磨きを掛けたり。

 

 

磨きをいれると、このように変わります。

 

 


 

 

完成後の保管にも気を使います。

なにしろ重いので、置いておくだけでもパーツに負担がかかってしまう。

 

これだけでも、キーボードより大きいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

本体に装着した状態です。

 

 

この辺のデザインは、センチネル当時から何度か変更になっているようですね。

 

エレベーションギアの説明がありませんでしたが、

このあたりもかなりいじりました。

 

 

 

電池ボックス、スイッチ、メタルパーツ、レジンパーツ・・・

とにかく複雑な製作でしたが、なんとかまとまりました^^

 

 

 

 

シャフトは、ストレートもあればテーパーシャフトもあり、

それに合わせて穴を調整。大きすぎればスキマが開くし、

小さければ組み立てられない。

 

 

 

 

 

全体的に左右の重量バランスの悪い機体です(笑)

でもアンシンメトリックなデザインは大好きです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 さらに追加画像です。

同じような写真もありますが、資料としてアップしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


トップへ

 

 

 

みなさまに、楽しい模型ライフを!