作品番号 L10

ディープストライカー プラン303E

 

肩ブロックの製作風景です

 

レジンキットであれば一体成形で中身が詰まっていたほうが工作しやすいのですがMGパーツに合わせてレジンも中空のパーツになってます。なのでパーツが変形していたり、肉厚が薄く強度がとれなかったりといった問題点を一つずつ解決していきました。なお、途中写真の一部を紛失してしまったようで写真が足りない箇所があることをメモしておきます。

 


 

 まずは仮組です。 

 

各パーツが複雑に絡み合う上に、スキマがスキマを生み

ピタッと組上がりません。

 

 

パーツ干渉やゆがみを少しずつ調整して、

ピタッと組上がるようになりました。

 

 

所々、スペースが非常に狭いので

ネジを斜めに打つことによって強度を確保していきます。

 

 

MGキットのパーツやディテールパーツも組み合わせていきます

 

眼に見える部分は、ネジが露出しないように・・・

 

 

だいたい落ち着きました。

 

 

サフを吹いて、表面処理に入ります。

スジ彫りを彫り直したり、丸ディテールを作り直したり。

 

 


 

 

ダクトの奥があまりイイ感じではなかったので

新規に作り直すことにしました。

 

これがキット状態です。

 

修正するよりは、作り直した方が早くてキレイですね〜

 

 

キットのディテールをニッパーで切り落とします。

 

荒目のヤスリで整面します。

 

プラ板でダクトのフィンを表現します。

まずは大きめに切り出して・・・

 

形を整えていきます。

 

こんな感じで創っていきます。

 

 

スッキリ、キレイになりました。

 

塗装して、完成。

 

 


 

フレームやディテール・パーツも地道に進めていきます。

 

小さい部品も、極力接着剤は使わずに

ネジ固定にします。

 

 

パーツが非常に多くありますし、

左右対称とはいえ右と左は創り分けていくので

見えなくなる部分にパーツ識別子を書き込みます。

 

 

 

 


 

シリンダーの取り付け。

 

レジンパーツとメタルパーツの組合せは、

素材の強度などの違いもあって、いろいろ考慮しながら

創っていきます。

 

 

けっこう時間がかかりましたが・・・

途中写真が紛失したようで、いきなり完成状態です。

 

 


 

エッチング製フィンの製作

 

一体成形だったフレーム基部は、精度アップやメンテナンスの向上のために

2分割式に変更しました。

 

エッチングパーツです。

一つ一つ、丁寧に根気よくヤスリがけしていきます。

 

 

エッチングの足を残して、差し込み式にしました。

 

何度も角度を調整してから、強固に接着します。

 

きれいに並行を保つのも、苦労しますね〜

 

小フィンの方は、かなり大幅に形状を修正しました。

 

それによって、すこし張り出しを大きく、派手に表現することが

出来るようになりました。

 

 

肩ブロック、完成です。

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


トップへ

 

 

みなさまに、楽しい模型ライフを!