作品番号 L10

ディープストライカー プラン303E

 

ボディの製作風景です

 

MGプラパーツとレジンパーツが入り乱れる、しかも腕・足・CFパック・フロントブーム×2など全ての基部になるブロックになりますにもかかわらず薄くてもろいパーツの集合体なので、強度を確保しつつ精度も出すという、なかなか苦労した部分です。

 


 

このあたりはMGプラパーツを説明書どおりに組み立てます。しかしレジンを装着すると明らかに強度不足で、最悪の場合は重量に耐えきれず破損してしまいそうなので、応力がかかる所に補強のネジを打ったり高強度接着剤などで補強していきます。

 

 

白いパーツはレジン製なのですが・・・この通り大きく歪んでいます。修正するのも大変だし、完成後に破損したら修正も効かないので・・・

 

 

不要なABSパーツなどを使って作り直しました。

 

 

手間はかかりましたが、これで安心です。しかしどんなに万全を尽くしても、ほんとに寸法が合っているか完成しないとわからないのは、どんなキットでも同じかな。心配性なので。

 

 

 

レジンが非常に薄くて繊細な胸のパーツ。

 

ちょっとずつ削りながらすりあわせをしてきます。

 

 

丸モールドは切り落として、塗装後にメタルパーツを埋め込みます。

 

 

塗装が終わりました。

 

Ex-S系の製作はこれで7体目か8体目くらいです。この辺は慣れていますので、楽に進みます。

 

位置が決まれば、ネジ打ち&接着して強固なフレームに仕上げます。

 

 

テールスタビライザーの基部です。一見、MGキットそのままに見えますが、テールスタビがレジン製で重いので見えない部分に取り付け穴など、けっこうな加工がしてあります。

 

 

「加工跡を見せない」という工夫にも、時間や頭を使いますね〜

 

 

 

MGキットのプラパーツ部分が、ひとまず完成♪

 

 

 


 

ここから、胸の左右のダクトの加工です。

かなり改修しました。

 

まずは普通に仮組して、その構造をチェックします。ええと、このままでも一応組み立てられますがより良くするためにインストール方法を変更することにしました。

 

 

 

これが標準のパーツ構成です。中央の丸いダクトの位置が、微妙にずれています。なので、これを切り取ってしまいまして・・・

 

 

このように、宙にういた状態にしてからエッチングパーツで固定します。

 

 

切り込みを入れたり、ハンダや接着剤などを併用して強度は保っています。これは手間がかかりましたが、やって良かったです。

 

 

 


 

これより、お尻の部分、ディスプレイ用の支柱を支えるブロックの製作です。

 

 

これは CFパックの製作風景 にも出てきた、お尻のブロックです。

 

 

ここが決まらないと他の作業が進まないので真っ先にすすめてて聞きたい所です。しかしとても難航しました、というのも・・・

 

 

5kgほどあるディープストライカー全部の重量をこのたった1本の棒で支えるからです。途中写真がありませんでしたが、試行錯誤、4回は失敗しています。

 

 

このように差し込みます。キット付属のディスプレイスタンドでは全く強度が足りないのでこの四角の支柱を含め、ディスプレイスタンドは日曜大工で自作しました。

 

 

少しでもスキマがあると本体がメトロノームのようにフラフラと揺れてしまうのでワッシャーを使ってピッタリのマウントを創ります。

 

 

ちょっとキツイくらいですが、ピタッとハマりました。

 

 

写真は撮れませんでしたが、この状態に全てのブロックを取り付けてみました。まったく揺れないことを確認。震度6くらいの地震でも耐えられると想います。これで一安心です。

 

 

 


 

ここからは上半身の完成写真です。

 

 

 

 

 

 

 

 

この複雑デザインの胸に、レジンムクの超重量級フロントブームが取り付くのですから、

これからの工作が恐ろしいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


トップへ

 

 

みなさまに、楽しい模型ライフを!