作品番号 L10

ディープストライカー プラン303E

 

「テール・スタビライザー」の製作風景です

 

これまでのユニットに比べたらシンプルな製作になりました。とはいっても大きく重く、やや難しいパーツ割りなのでそのあたりに気を配っての製作風景です。

 

 

左右モナカ割りを接合するために、ネジでシッカリ留めるようにしました。

これによっていくらか反っている左右パーツを真っ直ぐになるように調整してから

熱湯で柔らかくし、パーツの歪みを矯正しました。

 

 

マウントとの接合は、組立分解が可能になるようにします。

そのためのねじ穴を新設します。このようにパーツの合わせ目に

穴を開ける場合は、切れの良いドリルを使います。

 

 

こんな感じで、ネジ頭も隠れるように仕上げます。

 

 

センサーブロックの取付です。

左側はキレイにフィットしたのですが・・・

 

 

左側は大きくスキマがあり。

原因はこの四角のピンがずれていることでした。

写真でも右に寄っているのがわかりますでしょうか。

 

 

ピンの調整のほか、接合面周辺の調整をして

ぴったりマウントできるようになりました。

 

 

部品構成が組み立て難い構造なので、

できるかぎりあとハメできるようにしたり、

あらかじめ位置決めをしっかりとったり。

 

 

これもあとハメできるように加工しています。

 

 

 

マウント部はパズルのように組み合わさりながら

ハメ合い固定する構造になっています。

 

 

位置を決めるパーツ、重量を支えるパーツ、などなど

ひとつひとつのパーツの役割を考えていきます。

 

仮組が終わりました。

構造を理解しました。

そして、グラつきがある部分、スキマ、ズレ、などを

チェックし、今後の製作の段取りをします。

 

 

 

まず、ガタツキの原因になっているメインのピンを切り落とし、

二回り太いプラ棒を貫通させるようにしました。

 

 

小さい部品ですが、スタビの重量を支える部品です。

写真のようにマウントからシャフトまで一気に貫通する穴を

慎重に開けたあと、長ネジを通しました。これによって

実質はネジが重量を支え、それをカバーするようにレジンが飾る

構造になります。

 

 

 

再度組み立てて検証。

写真ではわかりませんが、これによって全く

ガタツキがなくなり、少々揺さぶってもビクともしないようになりました。

 

 

スタビ先端のセンサーです。

キットそのままでもよいのですが、アンテナシャフトは

プラモプラスのパーツを使って精度アップ&延長しました。

 

 

 

センサーのレンズ部です。

メカ基部はネジで固定し、このあと小さいパーツを取り付け。

 

レンズはヒートプレスしたものに

クリアーグリーンと蛍光グリーンでグラデーション塗装。

 

ここは発光ギミックがないので、

レンズの透明度はすこし高めにしています。

 

 

 

すこし戻っ・・・、本体の左右パーツはいったんバラバラにして

表面処理をしベース塗装。それから接着剤を併用しつつ

ネジで完全固定。合わせ目が大きかったのでポリパテで埋めました。

 

粗めのヤスリから処理をしていきます。

ここからは通常の表面処理、スジ彫り、ディテールアップなどの

基本工作を残すのみです。

 

 

この製作では、全部を塗装し一気に組み立て、ということが出来ません。

下地、塗装、少し組み立て、そしてまた下地、塗装、少し組み立て・・・

というようにちょっとずつ部分的に組上がっていくような段取りです。

 

 

一方、スタビの根本の部分、マウントになる部分だけは本体の方の

進行ともシンクロさせないといけないので、スタビとはまったく別の

行程を踏むことになります。

 

 

そのため製作は難航しますですが、そのぶんデザインは

じつに整合的で一体感・ボリューム感が魅力的です。

 

 

何度も何度も仮組で確認したとしても、

最終的に完全固定するときは緊張しますね。

もし何か見落としがあると取り返しがつかない・・・修復には

何十倍くらいの手間がかかってしまいますから。

 

 

そして、無事に装着。

苦労が報われます。

 

 

 

 

 

 

 

 

主砲と対比すると小さく見えてしまうテールスタビですが、それでも

MGガンダムの身長くらいの大きさなんですよね〜

 

 

 

 

かなりの長期レポートになってしまいますが、 

それほどの制作質量は、まだまだ続きます。

 

 

 

つづく・・・

 

 


このページのトップへ製作風景の総合トップへ

 

 

 

 

みなさまに、楽しい模型ライフを!