作品番号 L10

ディープストライカー プラン303E

 

ウェポン2種の製作風景です 

 

ビームスマートガン と インプロブド・ビームキャノン の2カ所です。本体とは独立したユニットで、通常の武器と同じ構成なので 比較的気楽に製作できた部分です。ただ、本体に持たせたときの取り付け角度については 改修が入るなど、これには気を使いました。

A=ビームスマートガン
B=インプロブド・ビームキャノン

まずはビームスマートガンからです。

 

この辺は基本工作をしっかり行うだけで完成しますので、詳細は省略します。

 

丸いモールドは、丸ビットで整形したりPPアポジなどに置きかえます。

 

レンズは透明プラ板をヒートプレスしたものを塗装しています。
裏面と表面で塗り分けることで奥行きがでるように塗装しています。

 

ここでもやはり接着剤は使わずに、ネジをつかって組立しディテールアップも兼ねています。

 

比較的シンプル、と言いましたがこの大きさ&重さがあるゆえ
組立はがっちりブレのないように行いました。

 

さて、このビームスマートガンはアタッチメントを使ってコンフォーマブルパックに固定されます。

 

ビームスマートガンの重量が、このマウント1点にかかるため
見えない部分ではできるだけ大きめのネジで固定しています。

 

このあたりは大きいネジが使えないので、小さいネジを数本使うことで
強度を保っています。

このマウントアームの構成だと自由度がたりず、スマートガンの角度が
制限されてしまうので、本来は1パーツだったアームを・・・

 

このように2分割して回転軸を一つ増やしました。

 

これでスマートガンの角度も無理なく良好な保持ができるようになりました。

 

バイポッドもネジ軸によって・・・

 

展開することができます。

でも宇宙空間でどうやってバイポッドを使うのでしょうか・・・メンテナンス用、とかかな。

 

ビームスマートガンの完成です。

 


 

次に B=インプロブドビームキャノンの製作です。

 

 

このままだと角度が下向き過ぎると想います。
クリアランスがないのでほどんど可動しませんので、ここは改修。

 

ビームキャノン本体はシンプル。
基本工作をしたらアポジなどでディテールアップ。

 

 

 

 

 

マウント部分を改修して、可動範囲を拡大しました。
途中写真は撮り忘れてしまいました。

 

前方40度くらいまで起こすことが出来ました。

これくらいがバランス的にちょうど良いです。

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


このページのトップへ

 

 

 

みなさまに、楽しい模型ライフを!