作品番号 L10

ディープストライカー プラン303E

 

頭部の製作風景です 

 

頭部の製作内容は、一般的なプラキットやレジンキットと同様の製作内容になっています。フィンやアンテナに金属パーツを使うことでビシッとシャープに仕上げました。

 

最初にしっかり仮組してみます。

 

首のジョイントは、ノーマルは切り落としてウェーブ・ポリジョイントに置きかえ。可動範囲が広くなりました。

 

キット付属のアンテナですがフニャフニャですのでこういう細かい部品は金属にお任せするのがグッドです。

 

アンテナを差し込むベースは、プラ棒でつくります。こういう作業では精度の良い工具で、ていねいにゆっくりと作業するとキレイに仕上がります。

 

アンテナシャフト を差し込み、角度が決まれば接着します。

 

アンテナは白と黄色で塗り分けました。

 

センサー部は透明プラ板のヒートプレス。クリアーグリーンとクリアースモーク、ごく少量の蛍光グリーンを使ってグラデーション塗装しました。

 

ホホのダクトのフィンはエッチングパーツを組み合わせています。何度も仮組をして組合せが決定したら、ハンダで固定。薄くてシャープで強度もある、安心のパーツ構成です。

 

もちろん見える面からはハンダは見えないようにしてあります。このあと脱脂して、プライマー、サフェーサー、塗装、となります。

 

フェイス部はいつものMGキットと同様に処理していきます。スジ彫り強化、モールドの整形、マスキング塗装、スミ入れと基礎的な方法で組み上げ。

 

ディテールアップに 丸ビット類 が欠かせません。

 

インコムには ソケットB2 を使用。

 

こちらはインコムと置き換えのセンサーブロック。ここにも ソケットB2 を使用します。

 

バルカンのマズルは  超精密極細STパイプF 外径1.0 を使用。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


このページのトップへ

 

 

 

 

みなさまに、楽しい模型ライフを!