ニューガンダム・イボルブ版

作品番号 L16

 

この機体は2度目の製作になりますので全体を通してスムーズに製作できました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回は、メタルノズルは使用せずに

設定画のデザインとおりに仕上げてみました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昔(十数年前)は、塗装表現に困っていたサーベルですが

たくさんの失敗と試行錯誤をくり返す中で

気に入った表現方法をいくつか得ることが出来ました。

今回は、彩度の高い赤ピンク塗装です。

 

 

 

「写真を上手に撮るコツ」の一つに・・・

両足をシッカリ接地させる。と言うのがあります。

足が浮いているとどんなに良い機材で撮影しても、イマイチな感じになります。

 

ですから、可動範囲内でシッカリ接地させるか、

製作しているときからそれを充分意識するとよいでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここから製作風景です。

 


ページトップ完成写真製作風景| 

 

 

 

接合ピンやボールジョイント類は全て切り落とし。

そのほうがパーツの摺り合わせが楽になります。

削っては合わせ、削っては合わせ、の微調整をくり返します。

 

 

 

摺り合わせがおわったら、ネジ類をつかってしっかり固定 します。

接着剤はできるだけ使わない方法で組み立てています。

 

 

腰と足首は、適度な可動と、絶対的な強度が必要になります。

たいていは新規で作り直した方が早くて安心ですね。

 

基本的には採寸と微調整になります。

できるかぎり大きいジョイントにすると良いのですが

大きすぎても取り回しが効かなくなるのでその辺は経験から

学ぶしかないかな、と思います。

 

 

 

子ネジ をつかって組み立て&分解可能になるように組み上げていきます。

ネジを打つ位置は、規則的が良い場合と

写真のようにズラして打った方がイイ場合があります。

この辺は昔、車の整備や自衛隊ヘリの構造設計をやっていた経験が役に立ちます。

 

 

 

 

シャフトは 変換シャフト3-1mm にしました。

 

 

 

接着なし、ネジのみでフレームを強固にくみたてました。

最終的には接着剤とネジを併用することで数倍〜数十倍の強度を得られます。

 

 

 

 

 

 

 

組み立て後には見えなくなる部分をつかって

ネジ打ちをしていきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ニューガンのバズーカの弾頭、もうすこしイイ感じに

デザインして欲しいですね。どうもココだけクオリティが低いです。

 

アポジ4mm や 面取パイプH を使って弾体を作り直しました。

 

 

 

スリットを切り込み加工。

 

最後まで観て頂いてありがとうございました。 みなさんの感想やリクエストが僕の製作の励みになっています。 よろしかったら気軽にメールなどくださいませ。

みなさまに、楽しい模型ライフを!