ハイニューガンダムHWS ボディ

作品番号 M09

 

ボディの制作です。

今回のHWSで大きな変化のあるうちの一つがこのボディです。ただし、可動や荷重などは考えなくても良いので比較的スムーズに運びました。

まずは仮組してフィッティング。

MGハイニューのキットのフレーム腰回りは強度が必要なのですがそれにしてはきつすぎて破損する可能性ありなので注意!すこしゆるくなるように組み立てるのがイイと思います。

 

ここで、差し込みは普通に入るのですが、回転させたり抜こうとすると下半身側のロッドがポキッと折れることがあります。最初のころ、僕も折ってしまいました。

 

また、背中にはバックパックなどのマウントがありますがこの辺も強度が必要なところは接着したほうが良いです。もちろんしっかり仮組してから接着しましょう。

外装パーツにはディテールアップを施していきます。このパーツは真ん中のブリッジが折れることがありますので注意してください。もし折れてしまったら補修するより左右を別パーツにしてしまったほうが良いです。

 

コクピットハッチはほぼノーマル。ディテールやスジ彫りを強化しました。

 

PPソケットB2 を使うと部品の固定とディテールアップを同時に表現できて便利です。

 

つづいて肩の上のアッディショナルユニットです。

 

後ろ側です。フィンを薄く整形しました。

 

 

まずはディテールを整えて、、、

 

センサー類が埋まっているのですが

全て切り落としてメタルパーツ等で新造します。

 

こういう彫り込みは時間がかかるのですが

塗装や塗り分けの行程を考えると

別パーツ化したほうが効率も精度も良くなります。

 

 

 

 



 

最後にメインになる胸のユニットです。

 

 

ここは表面もディテールも良好だったので

それらを整え直した以外はほぼノーマルでOKでした。

 



 

胸ブロック、ほぼ完成です。

 

 

 

 

 

 

最後まで観て頂いてありがとうございました。 みなさんの感想やリクエストが僕の製作の励みになっています。 よろしかったら気軽にメールなどくださいませ。

みなさまに、楽しい模型ライフを!