ハイニューガンダムHWS ウェポン

作品番号 M09

 

ウェポンの制作です。

まずはHWSのビームランチャーです。

 

組立固定用ネジ穴やディテールアップ用の穴を開けながら・・・

 

まずは全体を仮組します。

 

 

 

バイポッドの取り付けが不安定だったので

ネジで締めを調整できるようにしました。

 

ちいさい部品ですが重量がかかるので

ネジで固定できるようにしていきます。

 

なんども分解・調整・仮組をくりかえして

全体を落ち着かせていきます。

見た目は代わりませんが強度・精度が数倍に上がっています。

 

 

 



 

 

銃身先端のフィン状モールドは割れていたり面が荒れていたりで

修正が難しかったので、すべて切り取って開口しなおしました。

 

フィンをプラ板で作り直し。

 

ちょっと大きすぎたようで、このあと二回り小さいフィンを作り直しました。

 

けっこう広い面なので面出しも丁寧に。

 

 

マズルなのですが、変形が激しく修正が効きませんでした。

 

旋盤で整えたのですが、どうもテーパーマズル自体の機能性が

しっくりこないのではないか、と気が付きます。

 

というわけでプラ棒からストレートマズルを製作。

テーパーにするか、ストレートにするか・・・

悩むより、とにかく作ってみたほうが速いです。

 

 

銃口の下のセンサー2本もキットはダルだったので

プラ棒とメタルパーツから新造しました。

 

メタリックで塗装、クリアーでコーティング。

砲口に面取パイプCアルミ を仕込んで完成。

ストレートにして良かったと想います、迫力が増しました。

 

 

 

バイポッドもシャフト部分は新造することにしました。

 

 

シリンダー部分はプラ棒から削りだし。

 

最初はプラ棒で構成する予定でしたが、最終的にはメタルシャフトを使用。

 

 

 

メッキされたメタルシャフトを差し込み。

 

 

 

こういう感じに仕上がりました。

 

 

マニピュレータも銃に合わせてしっかり固定。

 

なお、大型ビームランチャーは大変重いうえに前バランスで

どうやっても保持は難しいのでディスプレイからスタンドで保持するようにしました。

 

 

 

 



 

ここから、ビームライフルの製作です。

 

 

ビームランチャーのマズルをテーパーからストレートに変更したので、

ビームライフルもデザインが揃うようにストレートマズルを製作しました。

 

銃口のデザインはこのあと少し変更します。

 

 

丸モールドは切り落として

コトブキヤのプラパーツを取り付けます。

 

 

 

 

 

 

ライフルのデザインと構造からここで切り離した方が良いです。

そのままでは他のパネルに比べて長すぎます。

 

 

こちらも銃と手首をネジでしっかり固定。

 

 

 

 

完成しました。

 

 

 

マズルはすこし延長しサプレッサー的な感じにしました。

 

 

ライフル2丁、完成です♪

 

 

最後まで観て頂いてありがとうございました。 みなさんの感想やリクエストが僕の製作の励みになっています。 よろしかったら気軽にメールなどくださいませ。

みなさまに、楽しい模型ライフを!