MG ハイニューガンダム ボディ

作品番号 M10

 

ボディの制作です。

 

MGハイニューの腰関節は少々難しいです。

この腰の合わせ目を接着してしまうと、ジョイントがきつすぎになります。

この合わせ目がすこし開いたり閉じたりする程度が

ちょうど良い可動を得られる基準になります。

もしキツイと感じたら軸が折れますので注意してください。

 

背面は複雑な構成なうえに、スナップフィットだけでは少し

ガタが生じますので、構造を把握したら接着剤でしっかり固定しましょう。

 

この軸です。これが折れる危険が高いので

素組をする場合でも注意してください。

 

フレームがしっかり創れたらあとは安心して

外装パーツを取り付けられます。

 

白いパーツは、かなり面取を変更して

メリハリのでるような面構成にしました。

 

 

 

甘い丸モールドはすべて彫り直します。

ここは0.8mmで穿孔し、塗装後に0.8mmステンレスボールを仕込みます。

 

 

 

カメラが故障し、予備のカメラで撮ったので

写りの悪い写真が混在してしまいました。

申し訳ありませんm(_ _)m。

 

 

 

メタルパーツはディテールアップだけのものや、

パーツ固定も兼ねているモノなど、用途や機能・場所によって

使い分けています。

 

 

 

 

 

上半身もほぼ完成しました。

 

 

 

 

 

 

 

最後まで観て頂いてありがとうございました。 みなさんの感想やリクエストが僕の製作の励みになっています。 よろしかったら気軽にメールなどくださいませ。

みなさまに、楽しい模型ライフを!