MG ハイニューガンダム レッグ

作品番号 M10

 

レッグの制作です。

 

完成品の仕上がりを大きく左右する、足裏の接地性。

これがとても大切だと想っていますので、僕はキットを製作するときは

足首の製作、可動&強度の確認を一番最初に確認します。

 

今回も、足首のフレームから製作を開始しました。

 

MGハイニューガンダム・プラキットの足フレームです。

 

最近のキットはディテールも増えてきて嬉しいのですが

それが強度の必要なフレームなのか、見た目だけのディテールなのか、

何度も何度も仮組をくり返しながら確認しましょう。

 

そしたら、要らない部分を切り落としておいたほうが仕上がりがキチッとなります。

 

 

 

 

レジンの部分はムクなので、プラパーツとはまた違った強度の検討が必要になります。

やはり要らない部分を切り落としながら、プラパーツとのフィッティングをシッカリ行います。

 

一般的にレジンの組立は、「真鍮線+瞬間接着剤」というのがセオリーでしたが

僕は、出来るだけネジによる組み立てを行っています。

 

機械的結合による強度アップは数倍〜数十倍になりますし

位置決めや、仮組&分解が何度も出来るなど、メリット多いです。

 

プラモプラス製・プラモデル専用ネジ類はココで購入できます。

 

カカトのボールジョイントは、WAVE製のボールジョイントに変更しました。

強度と可動が必要な部分なので、キッチリ創らないと後で後悔することになります。

 

 

 

足首のジョイントを少し延長することにしました。

強度を保つために外径4mm内径3mmのプラ棒を創り

このように差し込み長さを深くとれるようにしました。

 

 

 

ここは太ももと股関節のジョイントです。

パーツが小さいのでネジ打ちもギリギリのスペースしかありません。

完成後は見えなくなる部分なので見た目はスポイルし、最大限の強度を確保するようにしています。

 

 

ポリキャップの位置も決まったら、できるだけ要らない部分を切り落とし。

ポリキャップは多少の変形があるので、あまりガチガチに囲まないようにしましょう。

 

 

最終的には、ネジ+粘度のある接着剤 でガッチリ固定します。

強度が必要な接着の場合は、瞬間接着剤は使わない方が良いです。

フレームが決まれば、パネルパーツは位置決めをしっかり行いながら

ネジで固定していきます。

 

 

 

このシャフトパーツはシリンダーと連動する独特の形状です。

クリアランスもギリギリなので最小限の加工で進めていきます。

白いプラ板は、太もものパネルのクリアランスを調整するためのもの。

 

 

 

 


ここから足首周辺の製作です。

 

 

これは足の甲にあるシャフトです。

キットのシャフトは切り落として

面を整えて・・・

変換シャフト2-1mmを差し込むための穴を開け、

このように開けます。深さは適当で大丈夫。

あとからシャフト側で調整ができるからです。

このように、2mmを貫通させるより

1mm-2mmの異径シャフトを差し込むと強度がとれます。

それぞれ差し込んで、長さを調整すればOK。

 

 

 

カカトのシャフトをメタル化します。

基本的に足の甲と同じ手順です。

1mmの穴を貫通させて、丸ビット3mmで面取します。

 

適当な長さに切った 変換シャフト3-1mmをさしこみ。

 

 

足首まわりのシャフトのメタル化が完了しました。

 

 

 

ソールパーツは整面、ディテールアップなどを施します。

 

カカトのパーツは取り付けが甘いので

調整したあとネジでシッカリ固定。

 

 

 

 

 

カメラ故障のため、ピンぼけ写真が混じってます。

 

 

 

 

 

 

アキレス腱のノズルのカウル。

左が加工後、右が加工前です。

 

 

同じくアキレス腱のカウル。

アウトラインを調整しています。

 

 

今回はノズルCを多く使います。ノズルはまとめて創ります。

早めに創っておくと楽です。

 

黒でスミ入れするとグッと引き締まってよくなります。

 

 

 

 

 

 

 

 

最後まで観て頂いてありがとうございました。 みなさんの感想やリクエストが僕の製作の励みになっています。 よろしかったら気軽にメールなどくださいませ。

みなさまに、楽しい模型ライフを!