MG ハイニューガンダム バックパック

作品番号 M10

 

バックパックの制作です。

 

 

 

 

 

 

 

 

おなじくファンネルコンテナ後端です。

カマボコ状のノズルは底も浅く機能的な意味が読み取れないので

切り落とし、ここにはあとで PPノズルCセットV4 を取り付けます。

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

プロペラントタンクの製作です。

 

まずは整面・スジ彫りなど基礎的な処理を施していきます。

 

 

丸いディテールは精度の良いメタルパーツに置きかえるため切り落とし。

また、PPノズルBセットV4 を取り付ける穴を作っておきます。

 

 

 


 

 

バックパック類を取り付けるマウント部の製作です。

 

これはファンネルコンテナのマウントです。

重さに対して軸の太さ(強度)が不足していますので

4mmに拡大しています。

 

 

これは上記のファンネルコンテナのマウントをさしこむ

部分なのですが、差し込み感がちょっと固すぎて部品にムダな

応力がかかってしまうので、差し込み穴を広げています。

とうぜん、差し込みは弱くなりますが、最終的にはネジと接着剤で

ガッチリ固定します。この方法が確実・安全です。

 

 

 

ここも、フレームと外装パーツの組み立てが固いです。

なれていないと白いパーツを割ってしまうので気をつけてください。

写真の部分を切り取ってしまえばスッとキレイに組み立てられます。

 

 

マウント部が完成しました。

ステンレスボール0.8mm などを使ってディテールアップ。

 

完成すると見えなくなっていますが、これまでの行程のように

フレーム構造がすっかり強化されています。

 

 

 

 

 

つづきます〜

 

 

 

 

 

 

 

 

まず、ファンネルコンテナの後端のベクターノズル部分は

修正が難しいくらいひずんでいるので、ノズル部分を切り取ります。

 

スッキリしました。これで周辺の整面もやりやすくなるので

精度もアップします。

 

ほとんど全てのスジ彫りを彫り直していきます。

場所によって太さ細さを使い分けます。

 

 

 

おなじくファンネルコンテナ後端です。

カマボコ状のノズルは底も浅く機能的な意味が読み取れないので

切り落とし、ここにはあとで PPノズルCセットV4 を取り付けます。

 

 

 

 

 

ここからファンネルの製作風景です。

 

まずは、ファンネルに番号を振ります。

形状は12枚ともおなじですが、早めに番号を振って役付けをしておくと

仕上がりが微妙に確実に良くなります。

キットにある必要のないディテールを隠すために

プラ板を細切りにしてパネル形状にしたものを貼り付けます。

 

下地、塗装、マスキング、塗り分け、スミ入れ、デカール、トップコートの順に

進めていきます。

 

デカールを貼った後は充分乾燥させて

貼り付き具合をチェック。

 

コンテナとのマウントパーツです。

ここは可動する必要もないので接着剤にてシッカリ固定します。

 

ファンネル完成しました。

 

ほぼ完成状態です。

 

 

 

 

 

丸いディテールは精度の良いメタルパーツに置きかえるため切り落とし。

また、PPノズルBセットV4 を取り付ける穴を作っておきます。

 

これがタンク先端に取り付けるメタルパーツです。

丸皿9mm、7mm、5mm と マルイチモールド4mm の組合せ。

 

 

タンクの上半部は少し短くしてみました。

ジョイントになる部分もレジンから新造。

 

それでもちょっと長く感じたので・・・

 

さらに少し短いタンクを製作してみました。

 

 

 

 

ファンネルコンテナの接続は、強度を増すために

4mm穴に拡大しました。

 

本体との取付も穴をさらに揉んで調整します。

 

ここのツメはない方が良いので切り落としたほうが良いでしょう。

 

背中のマウントは何度も仮組して強度を確かめます。

 

 

最後まで観て頂いてありがとうございました。 みなさんの感想やリクエストが僕の製作の励みになっています。 よろしかったら気軽にメールなどくださいませ。

みなさまに、楽しい模型ライフを!