ハイニューガンダムHWS N07 シールド

作品番号 N07 FA-93-ν2 HWS

 

シールドの製作です。

まずは仮組。

各パーツのゆがみを取って、接合面を摺り合わせします。

 

仮組が終わったら、固定のためのネジ打ち穴を空けていきます。

ネジ打ちは、規則正しく並べて打ったほうが良い場合と、

写真のように不規則に打ったほうが強度が出る場合があります。

不規則とはいっても、三角形の頂点をベースにした応力と作用点を意識して

いるので、正確には不規則ではなく理由があってこの配置になります。

 

 

 

タンク部はマウントと一体成形なので、切り離して

マウント+タンクx2の3パーツ構成に変更しました。

 

切り落とす前に位置決め穴を空けているので、

 

ネジで固定すれば元の位置に収まります。

 

 

このようなかんじで各パーツをネジで固定しました。

この時点で完組と同等の強度が出せてます。

 

つぎに、長いブレード部はどうしても強度がたりなく

温めて修正しても長い目で見るとまた歪んでしまうかも・・・

 

なのでここは切り落として、

 

プラ板で新規に作り直しです。

まずは大きめに切り出して、、、

 

図面を基準にしますが、最終的には現物に合わせながら形を出し、

 

固定用の穴とスジ彫りを入れて

 

断面の処理をして、だいたい完成。

 

裏リブのパーツも細かく切り刻んで、ディテール用の穴を空け、

 

配置を確認しながら整面など。

 

塗装が終わって、あとは組み立てるだけです。

 

 

シールド裏のあらゆるモールドを穿孔し、

塗装。

 

ステンレスボールやソケット、PPアポジなどを埋め込みます。

 

 

シールド表面です。いらないリブを切り落とし。

 

完成後に見える部分はここだけです。

スプリッター分割はオミットなので、パテで埋めて整面してます。

 

青と白のツートンカラーに塗り分けをキレイに行いたいので

色が違う部分はプラ板などで別パーツをつくりました。

 

マウントとのフィッティング。

パテや接着剤の乾燥を待って、整面修正、またパテ盛って乾燥待ち、を

何度もくり返すので時間のかかる作業です。

 

乾燥待ち時間などに、マウント部をボールジョイントに変更したり

地味な整面・スジ彫りなどを行っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最後まで観て頂いてありがとうございました。 みなさんの感想やリクエストが僕の製作の励みになっています。 よろしかったら気軽にメールなどくださいませ。

みなさまに、楽しい模型ライフを!