ガンダム試作4号機 ガーベラテトラ N10 アーム

作品番号 N10

 

アームの制作です。

握り手はディテールも良好で、ストレートに仕上げに入れそうです。

 

前腕です。なぜかガレキなのにモナカ割り・・・幸い、塗り分けもなく

GK用ネジ+接着固定で進められるので良かったです。

 

 

 

腕全体の仮組が完了。

じっくり見回しながら、バランスや改修が必要な所を洗い出します。

 

上腕の合わせが全くずれているので強度が取れないうえに

形状もいびつな卵形で改修必須。ためしにMGキットの上腕を移植したら

まったくピッタリだったのでMGキットを流用することにします。

GPシリーズの意匠を合わせることも出来るのもGoodです。

 

GP04はエレガントな曲線が多いので

そのつどRを合わせた治具ヤスリを製作しています。

 

これは肩のパーツです。

一体成形のノズルも悪くないのですが、シャープさが欲しいので・・・

 

切り落としました。

 

マウンティングスペースを丁寧に掘り出します。

 

丸モールドも悪くないのですが、やはりシャープを目指して・・・

 

切り落としていきます。

 

ドリル、彫刻刀、モーターツール、丸棒ヤスリ、スポンジヤスリなど

様々な道具が必要になる工作です。

 

コトブキヤさんのパーツで合わせます。

 

なお、GP04のカラーリングコンセプトは、白、青、グレーがメインになっています。

この丸ノズルをメタルパーツにしてもよいのですが、ここはグレーに塗装された部分を

組合せたほうがGP04らしくなるので、メタルパーツは内側だけにします。

 

 

 

 

肩の内側のモールドです。

ここもキットのモールドは切り落として、

 

ドリルで地道に穴を広げながら

 

彫刻刀で彫りながら、

 

マウンターを完成させます。

 

まわりの縁を整えて完成。

 

ピッタリ気持ちよく収まります。

 

 

サフを吹いて、仮組して、また細かいヤスリで修正をします。

 

肩アーマーは重く、保持が難しいのでロール角度はベストな位置で固定しました。

ピッチ回転のみ可動します。

 

塗装、スミ入れ、デカール、トップコート。

 

塗装が終わったら柔らかい布の上に置いて保護・乾燥します。

 

ディテールアップパーツを取り付けます。

色の組合せもイイ感じに仕上がりました。

 

 

トップコートまで終わったパーツは柔らかい布の上に置いて

引き出しにしまっておきます。

 

 

 

一度は完成した腕部ですが、ライフルが重くて肘関節が持たないので、

別キットから固定式の上腕を新たに製作。

固定腕と稼働腕の差し替え式にしました。

 

ポリキャップにネジを打つことで、保持力をアップします。

 

ボールジョイントだった部分を切り落とし、接着固定にしました。

 

 

ノーマルの腕の内部です。

 

0.5mmプラ板を重ねて、腕の長さを調整しています。

 

手首は関節技に変更。成型が粗いので、旋盤にて一皮むきます。

 

固定式腕の角度を調整しています。

 

ライフルはそのデザインから、どうしても保持が難しいです。

腕の関節の改修にはイロイロと工夫が必要でした。

 

最後まで観て頂いてありがとうございました。 みなさんの感想やリクエストが僕の製作の励みになっています。 よろしかったら気軽にメールなどくださいませ。

みなさまに、楽しい模型ライフを!