ストライク・ホワイト・ゼータ

作品番号 N23 MSZ-006-3A Ζガンダム3号機A型

 

アームの製作風景です

 腕の製作では、レジンパーツを使うかプラパーツを使うかの選択が重要になりました。

 

フレームはプラパーツを使うのでまずは仮組。

フレームの構造や保持強度などをメモしておきます。

 

肩のエンブレム。レジンはこのままつかっても良いモノにはならない精度。また、エンブレムを浮き彫りにすることにリアリティがあるかどうかよーく考えます。

 

イラストレータを使って検討してみます。

スケールを考えても浮きだしエンブレムは厚さに違和感があるので

今回はオミットすることにしました。

 

イメージが固まらないので、試しでテストデカールを貼ってみます。

精度とデザインの自由さからやはりデカールの方が合っていますね。

 

改めてデカールを作り直して、決定稿になりました。

 

ダクトの形状は良いのですが、フチが厚いので

 

シャープにフチ薄加工をしました。

 

 

一体型の中薬小の指3本は切り離して定番工作。

 

5本指の全部が可動することで手の表現が大きく良くなります。

ひいては機体全体のシルエットも良くなります。

 

前腕のパーツ構成をどうするか考えています。

 

ノーマルゼータのデザインなら気にならない部分ですが、

今回のデザインではこのブリッジを別パーツにしたほうが整合性が合います。

 

中央の島の部分はグレーで塗装したかったので、

ブリッジを別パーツにしたことで塗装の便もよくなりました。

 

悩み多かった前腕も完成に近づいていきます。

 

白一色だとどうしても間延びしていたので

途中から薄いグレーを配色。これはメリハリがついて良かったです。

 

 

 

 

 

ピンぼけで申し訳ありませんです。

 

最後まで観て頂いてありがとうございました。 みなさんの感想やリクエストが僕の製作の励みになっています。 よろしかったら気軽にメールなどくださいませ。

みなさまに、楽しい模型ライフを!