ストライク・ホワイト・ゼータ

作品番号 N23 MSZ-006-3A Ζガンダム3号機A型

 

ボディの製作風景です

もともと、MGキットの変形機構が複雑で不安定さがありますが今回はMS形態に絞って製作するので、不安定なフレーム部分はキッチリ固定。そうすると外装パネルもカチッと揃えられて精度がアップできました。 

まずは仮組です。仮組とはいえなかなか複雑で手間がかかりますが、何度も何度も分解・組み立てをしながら工作の段取りを練ります。

取り付け方法が決まったら、表面処理やディテールの修正に移ります。

 

パネルのフチが厚かったり、アウトラインの繋がりが不明瞭な部分があるので

 

 

フチ薄加工をするとともに、アウトラインの修正を行いました。

 

全体的に面を整え、エッジをピンと出したり。

塗り分け用のスジ彫りも追加します。

 

正確な設定デザインが判らないので、全体の流れをつかんでから

小さい部品のディテールを調整していきます。

 

完成後は見えなくなる部分は、強度を重視して加工します。

 

全体的に、フチの厚さが目立つパーツは、、、

 

薄く先鋭的に加工しています。

 

コクピットハッチの上端は、変形用のギミックがむき出しです。

今回はMS形態ですので、プラ板でフタをしました。

 

スキマをパテで埋めて、ツライチ整面します。

 

背中のパーツには塗り分け用のスジ彫りなどを追加。

 

キットのまま組むと、ギシギシ・ポロポロの胴体フレームは

接着やネジなどでキッチリ固定しました。

 

塗り分けやデカールなど乾燥時間が多く必要だったので

胴体を組み上げるのは最後の最後になりました。

 

詳細が不明な塗り分けラインは、前後の流れを

考えて作り直し。

 

背中は大型バインダーによって隠れてしまうので

シンプルになっています。

 

あとはメタルパーツなどでディテールアップすれば

完成です。

 

最後まで観て頂いてありがとうございました。 みなさんの感想やリクエストが僕の製作の励みになっています。 よろしかったら気軽にメールなどくださいませ。

みなさまに、楽しい模型ライフを!