ストライク・ホワイト・ゼータ

作品番号 N23 MSZ-006-3A Ζガンダム3号機A型

 

バックパックの製作風景です

まずは仮組です。

このとおりパーツが合いませんので、まずはこの修正から始めます。

 

ポリキャップによる可動する部分で、重心も遠くにあるので

強度に気をつけながら摺り合わせをします。

 

見えなくなる部分でネジによる強固な固定。

 

肉厚が薄いパーツの場合はネジが打てないので

ネジ用の補強パーツをプラ材から作ります。

 

上下からネジの引っ張り固定でパーツを強固でピッタリに勘合させます。

 

3層構造+ポリキャップ+補強剤の複合構成なので

微調整に少々苦労しましたが、、、

 

スキマなく構成できるようになりました。

 

 

 

 

ダクト部分は別パーツにて製作。

 

 

ここのダクトの奥もプラ材にてフィンを再生。

 

 

重いバインダーを固定するために強度の必要なパーツですが

ディテールが入り組んでいて加工が難しい。

 

まずは絶対に必要になるネジによる固定を優先して作ります。

 

そのためにダクト状ディテールはジャマになるのでいったん削り落としました。

 

結局はフィン状ディテールも削り落としました。

この辺りのディテールはすべて作り直すことに。

 

見た目のディテールはすっかり無くなり、

基本構造だけになりました。これによって加工が楽になりました。

 

 

フィンとダクトのディテールを新造しています。

 

 

 

 

 

バインダーのマウント部も強度が必要なので

慎重にすり合わせと位置決めを検討。

 

ネジにて固定。

 

パネルもキレイに収まりました。

 

ここも強度が必要なパーツなので

プラパーツの方を心材にして加工します。

 

今回はウェーブライダーには変形しないので

この位置にて固定。

 

 

塗り分けはマスキングで行います。

こういう奥まった部分には先にスミ入れをしてから

エアブラシで吹くと奥行き感がしっかりでます。

 

塗装がおわりマスキングをはがしたところ。

 

さらにブルーの塗り分けを塗装。

 

スミ入れ、デカール。

 

トップコートをして完成。

 

 

 

最後まで観て頂いてありがとうございました。 みなさんの感想やリクエストが僕の製作の励みになっています。 よろしかったら気軽にメールなどくださいませ。

みなさまに、楽しい模型ライフを!