ハイニューガンダム N28

作品番号 N28

 

ウェストの制作

腰ユニットはシンプルな構造ですが、やはり全てのパーツに加工をしています。

 

股関節のアクスル軸が前後できるような構造になっていますが、

最初は固すぎて扱いにくく、さらにすぐにユルユルになります。

ゆるくなった後では修正ができないので、ここはベストの位置で

固定します。ネジと接着剤で強固に固定。

 

また、この股関節アクスル軸の受け側はポリキャップではなくプラパーツです。

そのため焼き付きの様な現象を起こすことがあり、そうなると

この軸がポキッとあっさり折れますので注意。

塗装の厚みも考えて、この時点で対策加工を施します。

 

これは腰の左右のサイドアーマーです。

そのジョイントはイロイロと検討した結果、

 

プラパーツから切り出すのが精度も強度も素材も安定します。

 

手間はかかりますが、完成後も安心です。

 

ディテールアップ。

 

先端のラインも変更します。

 

 

これまでは塗り分けでも問題なかった部分ですが

今回はプラ板から新規にディテールを増やしました。

塗装もしやすくなって、手間は増えたけど仕上がりアップ。

 

股間パーツの下側は凹ラインになっていまして、

これを普通のラインにしたらどうかな、とおもいまして、、、

 

仮付けでラインを創ってみました。

 

こっちのほうがボリュームもラインもキレイになったので

今回から採用することにしました。

 

パーツ単体でみるとちょっと縦に長く見えますが、

足が長いので全体のバランスはちょうど良くなります。

 

リアはいつも通りのディテールアップです。

 

 

右上のカドはC面でしたが、ここはカトキラインっぽく

R面にしました。

 

サフ、修正、サフ、修正、を3〜5回くり返します。

 

リアアーマーも同様に処理していきます。

最後まで観て頂いてありがとうございました。 みなさんの感想やリクエストが僕の製作の励みになっています。 よろしかったら気軽にメールなどくださいませ。

みなさまに、楽しい模型ライフを!