ハイニューガンダム N28

作品番号 N28

 

バックパックの制作

ファンネルはMGニューガンダムから作ります。

なぜならMGハイニューのファンネルは小さすぎるのと

ディテールにやる気が感じられないので。

 

 

こういう繰り返しパーツは、集中力のあるときに

一気に創るのがコツだと思います。途中で中断すると

加工精度がずれてしまうことがあります。

なので、ある程度まとまった時間を取れるときに工作するようにしてます。

 

 

フィンファンネルのジョイント用の穴を隠す目的と

同時にディテールアップ用にプラ板を切り出し。

 

ファンネルの加工が終わりました。

このあと中性洗剤と歯ブラシで、削りカスと指脂等を荒い流し。

乾燥させて塗装に入ります。

 

 

 

プロペラントタンク後端です。

ノズルは切り取って、PPノズルHを8個、取り付けます。

後端中心には丸皿モールドB9mm、7mm、マルイチモールド4mmを

組み合わせて取り付け予定。

 

 

プロペラント前半部分は新規に製作です。

元のパーツは面の精度が悪く、なにより細くてバランスが悪いので。

 

センタースタビのマウント部です。

これはプラパーツからマウントを移植する作業です。

 

まずはネジ取り付け用の穴を先に開けます。

 

またいらない部分を切り落とし。

 

様々な加工が終わってから、マウント部のみを

切り抜きます。

 

非常に小さい部分に加工を施すので、

切り離してからの加工はほぼ不可能です。

この時点では強度が不足しています。

 

 

これをネジと接着剤で固定することで、

必要な強度が確保できます。

まさに移植です。

 

 

充分に乾燥させてから、面を統一します。

 

受け側のジョイントはすこしガタがあるので

ネジと溶着接着剤で固定します。

 

 

 

 

部品の仮固定に、変換シャフトを使ってます。

 

普通は、白を塗ってから青を塗るのですが、

こういう形状の場合は青を塗ってマスキングしたほうが

キレイに仕上がります。

 

 

 

ジョイント軸はやはり頼りないので、太さを4mmに増して

新造します。

 

 

 

 

最後まで観て頂いてありがとうございました。 みなさんの感想やリクエストが僕の製作の励みになっています。 よろしかったら気軽にメールなどくださいませ。

みなさまに、楽しい模型ライフを!