MG リガズィ・カスタム O-13 ボディ

作品番号 O-13

 

ボディの制作です。

 

いったん仮組をして、部品の位置関係や

調整箇所をチェック。

 

 

シンプルなブロック状の構成です。

手足の芯になる部分なので、このように肉厚だと

強度が取れて安心です。

 

 

フィッティングもイイ感じです。

 

 

合わせ面をブロック状(平面状)にしてあると

接合が楽ですね。

 

 

 

 

 

いつもどおり、ネジを使って組み立てています。

 

 

 

首のジョイントは、イエローサブマリンの関節技に変更。

 

首の長さ、角度、後退位置を調整。

 

 

 

全体のバランスをチェックしたら、細部の加工の段取りを組みます。

 

 

 

一度バラして、ディテールの加工です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここから胸ダクトの改修です。

既にいったん完成した胸ダクトですが、塗装が終わった段階で

改めて改善できると気が付いたので、また作り直しをしました。

ゼータプラスのキットから胸ダクトを移植することにしました。

位置関係や角度、取り付け方法を検討しています。

 

ダクトの取付のために白い部分を一部切り欠き。

ダクト内部フレームは荒く形を整えていきます。

 

本体の方も強度増しのために切り欠きを作る。

取り付け角度はネジで調整できるようにしました。

 

裏側です。気持ちとしては裏側の面もキレイにしたいのですが

0.5mmや0.2mmの肉厚がかなり重要になるのがプラモデルです。

異素材での盛りつけは様々な不安定要素があるので適しません。

一体型の、すこしでも強度を残したいので、機能重視で。

 

 

ダクト基部がネジによって取り付けられました。

 

 

また時間をかけてしまったけど、仕上がりはグッと良くなりました。

 

最後まで観て頂いてありがとうございました。 みなさんの感想やリクエストが僕の製作の励みになっています。 よろしかったら気軽にメールなどくださいませ。

みなさまに、楽しい模型ライフを!