シャア専用ザクII

作品番号 Q11 MS-06s

 

 

 

 



 

 

製作風景です。

フレームの合わせ面が荒れています。

 

粗めのヤスリで面を出しておきます。

こういう細かい部分の積み重ねが、最終的に「グラグラしない完成品」に

繋がります。

 

可動部のすり合わせは、少しの幅詰めが大きい影響がでますので

さらに慎重に。

 

極端に言えば、全てのパーツのヤスリがけの方法が違います。

そのパーツの機能を良く理解することが大切です。

 

肩のパーツは複雑です。この部品はしっかり固定しないと

可動部のビビリに影響をあたえます。

 

角度の方向、可動の幅、強度、すべてがあまり意味のない腰のスイング。

ネジでしっかり固定します。

 

動力パイプは一つ一つ、ヤスリがけ、面取りを行います。

 

パーティングラインが段差があり、さらに左右にずれていますので修正。

 

位置の良くないディテールは埋めます。

 

合わせ目が荒れているので、面取りします。

 

古いキットは、このように押し出しピン部分にバリが出ている場合があります。

スナップフィットがピッタリ合わない場合、これが原因のときが多いです。

 

ソールは底面の面を合わせてキッチリ固定します。

これによって自立の安定性がグッとよくなります。

 

 

スジ彫り強化。

 

 

分割ラインの追加。ディテール追加。などなど。

 

いちど薄サフで下地してます。

 

写真では判りにくいですが、アポジ3mmx4が埋め込んであります。

 

完成したアッセンブルは、ハコに入れて保管しておきます。

 

 

 

 完成しました♪

最後まで観て頂いてありがとうございました。 みなさんの感想やリクエストが僕の製作の励みになっています。 よろしかったら気軽にメールなどくださいませ。

みなさまに、楽しい模型ライフを!