MG サイコザク Ver.Ka

作品番号 T14

 

なかなか作る時間が取れなかったMGサイコザクVer.Kaの素組みを行いました。

本格的な制作は後日行う予定があるので、今回は説明書どおりに簡単に組みました。

 

箱が大きいです。PGサイズですね。

 

内部フレームやランナー構成は、MGザクVer.2.0が基本になっています。30%くらいが新規パーツです。

 

MGザクVer.2は作り慣れているので、この辺はサクサク進みます。

 

なかなか良く色分割されています。

 

シールドは角ばったデザインですね。

 

マニピュレータは残念な感じ。

 

フンドシと9枚の可動パーツ。面を揃えるのが難しいので固定にしてもイイですね。

 

足裏はボリュームがあり、イイ感じになってます。今後もこの感じにしてほしいです。

 

バックパックは特に難しい部分はありませんでした。余計な可動はなく、強度もしっかりしています。

ただ、完成後に使わないアタッチメントがあったので、後に増設キットがでるのかな?

 

ビームバズーカ-1本

 

ジャイアントバズーカは3本。

 

マシンガン2本。

 

シュツルム・ファウスト3本

 

ヒートホーク2本。

 

バズーカ2本。ただし本キットでは不使用。

 

プロペラントタンクはモナカ割ですが、合せ目が目立たないようなデザインになってます。メンテとか考えると分解できるのはありがたいです。

 

ディスプレイスタンドは余計な可動が無いので、必要な強度を保っています。自立は不可能なのでディスプレイスタンド使用を前提で制作します。

 

写真ではフレームカバー(動力パイプを覆うダストカバー)がついてません。シワをコントロールするために別パーツで実験しています。コツが掴めたら本体に取り付ける予定です。

 

約5時間で素組み完了。

組む前は複雑で難しいイメージがあったのですが、構成を把握し制作イメージが掴めました。これから本番制作に入ります。

 

 

最後まで観て頂いてありがとうございました。 みなさんの感想やリクエストが僕の製作の励みになっています。 よろしかったら気軽にメールなどくださいませ。

みなさまに、楽しい模型ライフを!