EZ-049 バーサークフューラー HMM

作品番号 U02

 

コトブキヤ製HMMシリーズ 1/72 EZ-049 バーサークフューラーの制作を開始しました。

ゾイドは前々から興味があったのですが、時間やキッカケがなくて手にとることができずに居ました。今回、オーダー制作を頂いて念願の初ゾイドとなりました。よい機会を頂いて感謝しております。

 

箱は大きめです。MGニューガンダムVer.Kaとほぼ同じ大きさ。パーツ数はたぶん500個以上の感触です。

 

まずは仮組み。基本的にはガンプラと似ています。スナップフィットと関節はかなりキツめでしっかり。対象年齢を制限してるのか、尖ったパーツは指が切れるほど尖ってます。スジボリなどのディテールもシャキッとシャープ。多くの部分でガンプラよりも優れた点があり、とても勉強になりました。

 

頭部の仮組み。ゾイドコアの収納場所は首か胸のあたりですが、便宜上頭部にカテゴライズしました。牙は尖っていて本当に痛いです。

 

腕の仮組み。パーツ構成がシンプルで色が集約しているので、まずはサンプル塗装してみました。

 

胴体の仮組み。スナップフィットはかなりキツめなので素組みなら安心感があります。今回はバラシも考慮して、穴モミやMKカットでスナップフィットの調整をしました。

 

シッポの仮組み。色分けもしっかりしてあって、無塗装でも充分な完成度になりますね。

 

足フレームの仮組み。シリンダーはダミーで完全固定ですが、ちょうど良い感じでチラ見になってて、とても効果的になっています。シャフトはアルミパーツに変更する予定なので、あらかじめ採寸しておきます。

 

足首の仮組み。パーツ分割・色分け・合せ目の軽減・ディテールなど、文句ない仕上がりです。

 

足全体の仮組み。筋肉感が良い感じに出てます。

 

バーサークユニットの仮組み。バスタークローの基部の組み立てが少し変則的です。普通の感覚だと差し込みに見えるのですが差し込みではなく、軽く載せてからキャップをして固定する段取り。このキットでいちばん難しい組み立てでした。

 

イオンブースターパックとハイマニューバクローの仮組み。特に難しい点はなかったです。

 

無事に仮組みが終わりました。子供の頃に触ったゾイドとは似て非なる進化をしてますね。動力と非動力、どちらのベクトルでも楽しめます。本制作は、これからヤスリがけなどの基本工作に入ります。

 

つづく。

 

 

 

最後まで観て頂いてありがとうございました。 みなさんの感想やリクエストが僕の製作の励みになっています。 よろしかったら気軽にメールなどくださいませ。

みなさまに、楽しい模型ライフを!