HGAC OZ-06MS リーオー

作品番号 U10

 

新機動戦記ガンダムWのリーオーを素組みしました。シンプルだけどマスターグレード並の良いキットです。

主役5機&ライバル機&BLの方に注目が行き過ぎたせいか、OZ系の機体はキット化に恵まれませんでした。やられメカもすごく良いデザインだし劇中の存在感もあったるのに。そんななか20年ぶり(?)のリーオーのリファインは嬉しいです。ついでに無印でもいいのでエアリーズ、キャンサー、パイシーズなど全部揃えてほしいな。

 

ボリューム的には無印に近い感じ。しかしデザインアレンジ・パーツ分割・抜きの精度は手抜きなしな感じです。良いキットです。

 

フェイスのクリアーパネルは、どうやら蛍光剤で整形されてるよう。ブラックライトで照らしてみました。オマケというにはずいぶんコストと力が入ってますね。

 

ディテールの金型精度が、一部のMG(マスターグレード)よりも精度が良いです。HGリーオーすごいな、と思うと同時にマスターグレードも負けずにもっと頑張れよ、って思っちゃいます。

 

合わせ目が真正面なのはコスト的に納得です。でも全体的なアウトラインがキレイなので、合わせ目消したあとのイメージも付きやすい。

 

ヒザ関節は後ハメ出来るようになってます。合わせ目もディテールと融合させて目立たない。このキット、マスターグレードよりも親切で品質が良いです。

 

量産機らしいシンプルな武器。

 

成型色もかなりいい雰囲気。

 

これは非常に良いキットでした。あまりにバランスが良すぎて印象に残りずらいのですが、本質的な意味でガンプラの上位にランキング出来るすばらしいキットです。このキット開発に携わった人たちに心から拍手。

 

 

最後まで観て頂いてありがとうございました。 みなさんの感想やリクエストが僕の製作の励みになっています。 よろしかったら気軽にメールなどくださいませ。

みなさまに、楽しい模型ライフを!