MG ディープストライカー

作品番号 U12

 

NG様から製作依頼をいただきましたMGディープストライカーの制作を開始しました。

ディープストライカー及びSガン・Ex-Sを含めると10機以上作った経験があり、改造点や注意事項はすべてメモしてありますので迷いなく制作が進んでいます。また今回はEZ制作なのでポイントを抑えつつ手際よく制作する予定です。もちろん最新パーツ&デカールを使用して仕上げたいと思います。

 

 

まずはディスプレイベースから。

キット付属のディスプレイベースですと、本体の背筋が立ちすぎて置物感があります。そこでマウント周辺を加工して前傾姿勢になるようにしました。

 

強度的にはノーマルのままだと本体がフラフラするので、改修を行います。例えばスナップフィットはプラスチックに無理な変形を強いているので、キツい嵌合がある場合はかえってフラフラの原因になる場合があります。なのでメスダボにMKカットを施し、ネジと接着で固定することで大幅に強度をアップさせます。

 

 

腕まわりの制作です。

Ex-Sと同じと思って組み立てたら可動がキツく違和感があった。念の為バラしてみたら、関節可動域制限のストッパーが追加されていました。全体を仮組みしたときにはストッパーの必要性は特に感じませんでしたので、ストッパーなしでも良いかなと感じ。もう少し制作が進んでから判断したいと思います。

 

肩ブロックのフレームは、ほぼEx-Sと共通。もともと変形用の構成のためグラつきが発生します。今回は変形は必要ないのでネジを使用してしっかり固定。また簡易ではあるけどスライド機構が追加されていて素晴らしいです。可動が少々渋いのでクリアランスを調整しました。

 

左腕のマルチセンサー。MGにしてはパーツ精度がいまいち悪いので、面取りやクリアランス調整など処理。

 

ボディ。フレームはほぼEx-Sと共通です。コアファイターが簡易になっているのは、強度を増すためには良い判断だと思いました。完成後はほとんど見えなくなりますが、塗り分けを増やすなどして情報量を増やしました。

このボディを基部にして重量級のパーツが沢山装着されるので、強度をしっかり確保することを考慮しました。例えば「各パーツを塗装してから接着」だと接着強度が落ちますので「接着してから塗装」にすることでより強度をアップさせています。そのため襟などいくつかのパーツは後ハメできるように加工をしました。

 

なお制作に集中すると写真を撮るのを忘れてしまいます、ボディの途中写真がほとんどありませんでした。

 

 

つづく。

つづき。

腰回りは変形用のパーツ構成になっているため、グラグラで落ち着きません。なのでネジで固定します。ネジを打つスペースが足りなかったり強度が足りない部分は、プラ材からブラケットを作って固定するようにしました。安心のガチガチ仕上げです。

 

腰に回転機構があるのですが、ディープストライカーではデザイン的に不必要。また不用意に回転してしまうと各ブロックの干渉・破損につながるので、しっかり固定にします。しかしセンター位置決めをする基準点とネジを打つスペースが無かったので、固定用のブラケットを試作しているところです。

 

 

 

プロペラントタンク。キットのままだと完成後は取り外しができなくなります。制作のしやすさ・納品時の郵送・ディスプレイの利便性などを考えて、取り外し式にしました。

左右のタンクはディスプレイベースから出っ張るので、うっかり引っ掛けてしまうかもしれません。そこでネオジム磁石での取り外し式にしました。こうすれば万が一引っ掛けてもマグネットが外れるだけで、本体へのダメージが行かないようになります。もちろん磁力の強い磁石を使いましたので、接続保持は十分しっかりしています。

 

中央の2本のタンクは、キットのマウントを加工して差し込み式にしました。またタンクはモナカ割りなので、加工や塗装の精度を良くするためにパーツカットしました。

 

 

ブースターユニットの偏向プレート。全部で10枚x6色の塗装があり時間がかかるので、早めに着手しました。

 

キットのダンパーシャフトは径が細くメッキが荒いので、太いアルミシャフトに変更。同時にシリンダーも一回り太いものを新造しました。

左上はきつすぎる可動部をリーマーで調整。左下はブースターの角度を確実に固定するためにプラ材で新造したブラケット。右上は接着剤をつける部分にマーキング。右下は赤い部分が干渉するのでカットします。

ネジ打ちの一例。製作中の仮組みや完成後の分解メンテができるように、接着剤じゃなくネジを使うようにしています。

 

フレームや構造が決まったら、ヤスリやディテールを整えて、塗装に入ります。

 

メタルパーツ取り付け。

 

ブースターユニット&コンフォーマルパックの塗装が終わりました。このあとデカール・トップコート・メタルパーツ取り付けです。

 

 

インプロブド・ビーム・キャノン。マウントの後ハメ加工、銃口とブチ穴のメタル化加工、接着、合わせ目消し、と基本的な工作を行っています。

 

メインキャノン。甘いディテールの作り直し、メタルパーツ化のための穿孔など、ボリュームの多い部分です。

キャノン後端のシャフトは、キットのままだと芯が出ていないようです。芯の調整のために赤いパーツを切り離し左右独立で調整できるようにしました。同時に塗装の便を良くするため後ハメできるようにしました。

 

やはりキットのシャフトはメッキ荒く直径が足りないので、アルミシャフトとメタルパーツに交換しました。またタンク部分はワンパーツ真っ白だったので、数度のマスキングで塗り分けを行いました。

 

主砲につく同軸センサーの後ハメ加工。またワンパーツが長すぎて制作効率が悪いので、完成後に見えなくなる部分で切り離し、取り回ししやすいようにしました。

 

同じく同軸センサー。一発抜きなので全体的にディテールが甘い。それぞれ加工していきます。

 

マズルに装着されるリングと、主砲中間くらいのシャフト。メタルパーツに交換したり、整面してメタリックに塗り直したり。

 

 

 

つづく。

 

 

 

最後まで観て頂いてありがとうございました。 みなさんの感想やリクエストが僕の製作の励みになっています。 よろしかったら気軽にメールなどくださいませ。

みなさまに、楽しい模型ライフを!