12式装甲歩行戦闘車改

1/72 ガングリフォン まん点工房 ガレージキット

作品番号 U14

I M様からご依頼品で、以前に制作した「まん点工房製レジン製ガレージキット・1/72スケール 12式装甲歩行戦闘車改」の2機目の制作です。基本的には前回と同じ制作内容&仕上げを基調に制作します。

制作風景写真は頭から足に向かって部位別で掲載しました、そのため時系列が前後している写真があります。また前回と同じ制作風景は省略し、新たな改善部分を掲載しました。

 

まず頭部の仮組みです。可動と固定が難しいパーツ構成ですが、前回の製作でほぼ完全な改修を行い採寸データも取ってあったので、今回はスムーズに進みました。

 

腕部も前回と同様です。ノーマルでは肩と上腕の接続に不都合があるので、ガンプラからフレームパーツを移植しました。このフレームは小型で素材や耐久性などバランスが良く、ガンプラの中でも信頼できるパーツです。

 

胴体と下半身の接続ジョイント。前回は説明書どおりに円筒形ポリキャップはめ込みでした。それでも十分な強度があるのですが、レジン部の肉厚が十分余っているので、今回はポリキャップのピンごと埋め込むように改善しました。

 

股間ジョイントも前回と同様。キットのままだと全く強度が不足なので、ガンプラから可動フレームを移植しました。フレームの肉厚はできるだけ大きくしたいので、レジンを少し切り欠いてクリアランス確保。

 

自作のスペーサーを挟んで、レジンとプラフレームをピッタリ密着させることで強度をアップ。位置が決まったらネジで固定します。

 

足も前回と同様。

まず劣化しているサフを剥離し、ほぼ全面の整面とエッジ出しを行います。細かいディテールは切り落としてメタルパーツ等で再現。また再利用するディテールは位置を採寸したあと丁寧に切り取り、単体で整面することで加工精度を上げています。ヤスリが終わったら超音波洗浄・中性洗剤でブラッシング・サフ吹き・仮組みを行い、修正があればまたヤスリ・洗浄を繰り返します。以上の工程を全身に行っています。

 

 

不安定だったタイヤの取り付けも、前回と同様にアクスルシャフトを旋盤で削りだし、ネジ止めで強固に固定。そして4輪x左右の車高を調整。

 

足首周辺のジョイント。ジョイントを大きくしたいけどクリアランスをを広げれば本体の肉厚が減って強度が落ちる、の二律背反の条件です。硬いプラを使う・パーツ同士を密着させる、などして強度を上げています。

 

表面処理・関節調整などが終わったら、ディテールの加工に入ります。

 

全体的なバランスを見るために、足から作ることが多いです。

 

仮組み。順調に進んでいます。

 

つづく。

 

 

 

 

 

 

 

最後まで観て頂いてありがとうございました。 みなさんの感想やリクエストが僕の製作の励みになっています。 よろしかったら気軽にメールなどくださいませ。

みなさまに、楽しい模型ライフを!