クレオスカラー10mlの正味量

新品でも規定容量10mlになっていることは、まずありません。

 

塗料の薄め具合についての質問が多かったのですが、そもそも基本になる塗料の薄まり具合を把握していないと そこにシンナーを継ぎ足しても適正な濃度になりませんですね。なので、クレオスの塗料を工場出荷濃度に合わせる方法を 説明します。これは基本になるのでぜひ習慣づけてください。

クレオスのよく使う塗料です。説明書には ●正味量10ml● と書いてあります。でも開封時にはたいてい6mlとか、4mlなんてときもありますね。本来は10mlあったのですが、シンナー分が蒸発してしまうので内容量がすくなくなってしまいます。ドロドロ濃度のまま使うのはトラブルの原因になります。

じゃ、じっさい10mlとはどんな感じでしょうか。ビーカーを使って検証してみましょう。

 

シンナーをきっかり10ml入れました。水と違ってシンナーは表面張力が小さいので水面がほぼ平らになり、水面の読み方が変わるので注意です。

 

クレオスの空ビンに10mlを入れてみました。なるほど、ここが10mlのラインですね、見た目にも分かりやすいです。が、写真ではまったくわからないですね。

 

じゃあ、色つきのシンナーを10ml用意して、

クレオスの空ビンに入れてみましたが・・・やはり写真では解りにくい。でも実際にやってみれば解ります。ゆっくり注いでいると、水面がフッと小さくなる瞬間があります。そのあたりが10mlです。

 

写真はあきらめて、図にしました。

 

ここが10mlです。水面がスッと小さくなる瞬間があるので、そこが10mlです。これは実際にやってみれば良く分かります。

 

これはタミヤのスペアボトルです。こういう風に目盛りが振ってあると実用的ですね。

 

最後に。
クレオスの塗料を買ってきたら、すぐに10mlラインまでシンナーを入れる。そして良くかき混ぜてしっかりフタをして保存。これをやらないと塗料がどんどん劣化していきますので、必ずやるようにしています。

 

最後まで観て頂いてありがとうございました。 みなさんの感想やリクエストが僕の製作の励みになっています。 よろしかったら気軽にメールなどくださいませ。

みなさまに、楽しい模型ライフを!