滑り止めマットは危険

..

2011.03.11の震災以降つづく群発地震。

模型やフィギアをディスプレイしてる人にとってはせっかくの趣味だからこそ不安も続きますね。地震対策の方法はいろいろ有りますが、ウチでも利用している「滑り止めマット」。ちょっとの揺れなら充分効果があります。

ですが、 プラスチック模型には相性が悪いです。 次の悲惨な写真を観てください。

独特のベタベタ感を出すために意外と強めの有機溶剤が含まれているようで、早ければ2日もするとプラを溶かし始めます。ラッカー塗膜も1日で溶かし始めました。

滑り止めマットの商品によって成分はまちまちだとおもいますので、ホームセンターのもの、カー用品のもの、100円ショップのもの、それぞれ試してみまたところ程度の違いはありますがどれもがプラを侵しました。

左が正常なカートリッジ。右が浸食されたカートリッジ。

2011.09.05

みなさまに、楽しい模型ライフを!