タバコを吸う人と模型のはなし

..

以前、MGザク完成品のリペイント修理を行ったときの話です。

色合わせに少し苦労するのはいつものことなのですが、その完成品の色合わせは普段よりも手こずりました。どうしてか?と検証しているうちに原因がわかりました、それはどうやらタバコのヤニが大きく影響しているということです。

タバコのヤニの汚れの付き方には特徴があって、エッジを強く汚すようです。なので広い面などは汚れのグラデーションが発生していて、リペイントが難しくなっていたようです。特性の弱いアルコールなどで汚れをある程度落としましたが、なかなかしつこくてキレイになりません。拭き取りの綿棒は見る見る茶色くなり大量に消費されていきます。

掃除もやりすぎると素体を傷つけてしまうのである程度で完了し、あとはタバコの色合いに変色した塗装面に合わせて調色してみるのですが、自然に発生した汚れを再現するのは難しいと思いました。

いままで当たり前のようにタバコを吸わない環境でやってきたので気が付かなかったのですが、タバコは模型製作やコレクション・ディスプレイに大きい影響を与えると判りました。そんなこんなでいろいろと勉強になりました。

僕はバコは吸いません。ペットもいないし、焼肉もしません。作業部屋はPC作業と製作の専用部家になっていて、空気清浄機をつねに全開作動、大きめの換気扇を設置してダイレクト排気してます。作業の前には石けんで手と顔を洗って油脂を落とし、作業が終わればハンドクリームで手を保護。手が乾燥しすぎても製作に悪影響になります。

その他いろいろ、ちょっと神経質なくらいに製作環境の構築は当たり前の習慣としてやってきたことですが、改めて見直すとそういうケアをすることも模型製作の上達につながる大切な事と思いました。より精度を求めるモデラーの皆さんにも環境ケアをオススメします。

2011.02.21

 

みなさまに、楽しい模型ライフを!